新馬圧勝アライバルの次走を予想する。

アライバル新馬キャロットの馬のこと

6月の新馬戦を圧勝したアライバル

現在は、ノーザンファーム天栄で放牧中です。

アライバルの次走

レース時に474キロだった馬体重。

今はふっくらして、497キロです。

アライバルの次走目標は、まだ出ていません。

「ハービンジャー産駒だし、洋芝の札幌で見たい!」

という意見もあるようで、札幌2歳ステークスという選択は確かに魅力的。

でも。

本日、キャロットのヴァ―ンフリートのコメントで、

「最短目標を札幌2歳ステークスあたりにおく」

と出ました。

なので。

アライバルもそこを目標にする、という可能性は低い気がします。

つい先日、函館で「キャロット3頭出し」があったばかりですが。

2歳のG3でキャロット同士、ぶつけることは ないでしょう、きっと。

  ※関連記事:逃げるキャロットにマクりをかけるキャロット。アメリカンウェイクVSファジェス

となると。

アライバルの次走は、秋の東京開催かな?

サウジアラビアロイヤルカップか、東スポ杯2歳ステークスのどちらかが有力なのでは。

ルメさん絶賛のコマンドラインが、上記レースのどちらを使うのか?

それによって、アライバルの次走が決まりそう。

2歳のうちに2頭をぶつけることは ないでしょうきっと。

ヴァ―ンフリートにせよ、コマンドラインにせよ。

なんだか “消去法” みたいな視点で、アライバルの次走について書いてしまいました。

ここからは、アライバル自身についての話です(^-^)

アライバルの評判

アライバル勝利後、騎乗したルメール騎手

「ディアドラみたい

と口にしたそうです。

ディアドラハービンジャー産駒

ルメール騎手のエスコートで、秋華賞を勝ちました。

新馬戦を終えたばかりの2歳馬を表現するにあたり、G1馬ディアドラの名前を挙げる…。

これって凄いことです(^O^)/

アライバルを管理する栗田調教師がレース前から言っていたという、

「こんなに気持ちの強い2歳馬は見たことがない!」

このセリフはダテじゃなかった。

さらに。

アライバルの新馬戦で5着だったグランドラインが、7月4日の未勝利戦を大楽勝。

新馬戦のレースレベルが高かったことを物語っています。

――というわけで。

アライバルの次走には、楽しみしかありません(^O^)/

※関連記事:アライバル、デビュー!

※関連記事:アライバル、新馬勝ち!

コメント