アライバル、デビュー!

キャロットクラブキャロットの馬のこと

いよいよアライバルがデビューします!(^O^)/

アライバル。到達。

アライバルは、キャロットの馬。

ハービンジャー、母クルミナルという血統です。

半姉ククナは、この春クラシック戦線で善戦しました。

母クルミナルにとって初の牡馬である、アライバル。

かなり評判になっていて、前日オッズは2.0倍です。

レース当日になればオッズは上下するだろうけど、おそらく1番人気。

人気にこたえて見事勝利をつかみ、ウィナーズサークルに「到達」することができるでしょうか。

――到達。

アライバルの馬名意味です。

「競馬界の頂点に達するよう願いをこめて」

という馬名なので。

新馬戦のウィナーズサークルに到達して大喜びしているようでは、甘いのかも??

(じゅうぶん嬉しいですけどネ!!)

競馬界の頂点へ。

――さて。

「競馬界の頂点」というと…。

凱旋門賞?

ドバイワールドカップ?

いくつか候補はあるけれど、まずはやっぱりこのレースでしょう。

そう!

日本ダービー!(^-^)!

新馬勝ちを果たせば、ダービー制覇にグッと近づきます。

明日のレースは、府中芝1600メートル。16頭立て。

東京コースも多頭数の競馬も経験しておけば、今後に向けて大きなアドバンテージになるはずです!

ルメール騎手を喜ばせたい。

ここでちょっとアーモンドアイの話を…。

アーモンドアイ2018年ジャパンカップを勝った時、鞍上のルメール騎手

「僕はただのパッセンジャー(乗客)でした」

と口にしました。

ほのぼのした印象も受けますが、実はアーモンドアイの凄みをよく表現した言葉です。

世界的名手を「ただの乗客」にしちゃうなんて、とんでもない馬!!

明日、アライバルのレース後に彼はどんなコメントをしてくれるでしょうか。

個人的には、こんな言葉を期待します。↓

「僕はただ乗っていただけで、ゴールにアライバル(到達)しました」

…ナンチッテ(*^^*)

――ということで。

頑張れ!アライバル(^O^)/

※関連記事:アライバル、新馬勝ち!

※関連記事:【馬名について】キャロット2歳馬。アライバル

コメント