逃げるキャロットに、マクりをかけるキャロット。アメリカンウェイクVSファジェス

キャロットクラブキャロットの馬のこと

夏の風物詩、「新潟千直・ミルファーム祭り」はまだ先の話ですが。

あんな感じで、「同じ馬主さんの馬が、同じレースにたくさん出てくる」という光景はどこの国でも起こるものです。

同じレースに、同じ勝負服

ヨーロッパでは――

Aが逃げてペースを作り、Bは好位追走。Cは後方で脚をためる。

で。

A・B・C、どれが勝ってもOK!

…みたいなケースがあると聞きます。

大馬主ならではの作戦ですね。

――さて、ところ変わって日本。

というか、函館。

キャロットの馬が3頭出走したレースがありました。

今日はそのお話です(^O^)/

1つのレースに、3頭のキャロット

そのレースは、7月4日の函館8レース。牝馬限定戦。

キャロット3頭出しでした。

人気順に記載すると…

6番人気 ファジェス。

9番人気 アメリカンウェイク。

11番人気 ファクトゥーラ。

いずれも人気薄。

ただ、キャロ公式コメントでは3頭とも「一発狙います!」的な雰囲気でした。

さぁ、キャロット3人娘はどんなレースを繰り広げたのか?

同じ勝負服だし、お互いにサポート…というのは難しいとしても。

誰かが勝利をつかむことができたのでしょうか?

1頭の逃げ馬に、1頭のマクり

結果から言うと…。

サポートどころか、潰し合いでした( ;∀;)

レースは、アメリカンウェイクがマイペースで逃げる展開。

しかし3コーナー過ぎあたりで、マクりをかけてハナを奪う馬がいる。

「おいおい、誰だよ?!」

見ると、キャロットの勝負服。

ファジェスでした(‘◇’)ゞ

アメリカちゃんはそこで集中力が切れたのか失速、7着…。

さて。

逃げるアメリカちゃんを潰した…じゃない、マクりをかけたファジェス。

乗っていたのは、横山和生騎手

「メリハリのある競馬を」という安田隆行調教師のオーダーを守ったわけです。

テキ(調教師)の指示に従うのはいいけど…。

アメリカちゃん陣営(出資者含む)からすると、「…(-_-#)」て感じでした。悪いけど。

でも、ファジェスはマクりが功を奏して2着と健闘。

フレッシュな3歳だけに、2勝目は近そう。

そして3頭目のキャロット、ファクトゥーラは…。

10着でした(._.)

横山和生クンと、安田隆行センセイ

――まぁ、今回は「逃げるキャロットに捲りをかけるキャロット」という図式が鮮明だっただけで。

“ノーザンファーム生産馬“というくくりで考えれば、こういう対決は多くのレースで起きていると思います。

なので。

ファジェスの横山和生クン&安田隆行センセイを恨む気持ちはありません。

というか。

このコンビには、今度の日曜に世話になるのだった。

7月11日、函館2レース。3歳未勝利、芝1200メートル。

バンベルク。

和生クン&安田センセイの手腕に期待です。

バンベルクは、2着→2着→3着→4着→2着→2着と来ているので。

もう、さすがに、そろそろ、勝たせてくれヨ…(´ー`)

コメント