セブンサミット初勝利なるか?(ピアチェーレも…)

キャロットクラブキャロットの馬のこと

シンハライトの初仔、セブンサミットが今週出走。

7月17日(土)函館6レース、芝1800メートルの未勝利戦です。

がんばれ、セブンサミット

セブンサミットの馬名意味は、

7大陸最高峰。すべての大陸の競走での最高峰の活躍を願って

とのこと。

母シンハライトはオークスを制し、世代の頂点に立った存在。

その子供にスケールの大きな名前がつくのも当然です。

でも…。

セブンサミットは、なかなか初勝利を挙げることができません。

7大陸どころか、まだ本州でしか走ったことがない(;’∀’)

新馬戦は、2020年8月の新潟。

4着でした。

2戦目は、9月の中京。

5着でした。

3戦目は、12月の阪神。

逃げの手を打つも、クビ差の2着でした。

4戦目は、年が明けて1月の中京。

ここも逃げましたが、3着でした。

5戦目は、2月の中京。

2番手を追走するも直線で弾けず、6着

初めて掲示板を外してしまいます…。

この後、北海道で喉の手術を受けたセブンサミット。

これでようやく、本来のパフォーマンスを発揮する下地が整った。

そして迎えた6戦目。

今回のレース、鞍上はルメール騎手!

「なんとしても、セブンサミットを勝たせなくては…!」

そんな陣営の本気度が伝わってきます。

「なんとしても、シンハライトの子供を勝たせなくては…!」

そんな声も聞こえてきそうです。

がんばれ、アルジュナの分まで

シンハライトの子供。

初仔が、前述のセブンサミット(3歳)。

2番仔は、アルジュナ(2歳)。

アルジュナは、悲しいことに既に引退しています…。

アルジュナ。

つい先日、競走能力喪失(腰フラ)との診断が下されました。

“キングカメハメハ × シンハライト“ という夢のような良血馬が、一度もターフに姿を見せずに登録抹消…。

無念です。

セブンサミットには、志半ばで引退したアルジュナの分まで頑張ってほしい。

現状、まだ背腰は緩い感じがあるそうですが、潜在能力の高さで克服するのでは。

本州に次いで走る、北海道の大地。

馬名の由来たる “7大陸走破” を目指して、まずは初勝利を(^O^)/

出走するレースの相手関係を見てみても、骨っぽいのは2~3頭かな。

近走3着2着と堅実なノアスマッシュ

函館得意な丹内騎手のアズユーフィール

あと。

セブンサミットと同じ枠に入った、同じ勝負服のアノ馬(^O^)/

がんばれ、ピアチェーレ

1枠1番が、セブンサミット

1枠2番が、ピアチェーレ

2頭ともキャロット…染め分け帽ですネ。

ピアチェーレは、新馬戦で5着に入っている。

その後は2戦して着外ですが、気持ちの難しさを出してしまったため。

滞在競馬に活路を見出すべく、函館での出走となりました。

北の大地で気分よく走ってくれたらいいナ(^-^)

――にしても。

まさかセブンサミットと同じレースになるとは…という気持ちもあります(;’∀’)

こう並んで同じ枠に入っちゃうと、つい調べてしまうのが回収率

セブンサミットは、募集総額1億円。

現在の獲得賞金は、491万円。

回収率は…4.91%

一方、ピアチェーレ。募集総額1800万円。

現在の獲得賞金は、70万円。

こちらの回収率は…3.88%

どっちもどっち…なんて言っちゃいけない。

どっちもがんばれ(^O^)/

コメント