アライバル、新馬勝ち!

キャロットクラブキャロットの馬のこと

アライバルが新馬戦を勝ちました!

実際に東京競馬場で見てきたので、“パドック ~ 返し馬 ~ レース“ と振り返りたいと思います(^^)

パドック

小雨のパラつくパドックには、たくさんのお客さんの姿。

関西馬が4頭もいるし、セレクトセールで2億円超えのディープ産駒はいるし、やはり新馬戦はパドックから見たいですよね。

そんな中、1番人気はアライバル

馬体重は474kg

体を大きく見せるのか、500kgくらいありそう!と思うような雄大な馬です。

このレースの出走馬は、全体的に行儀よく歩く馬が多かった。

もちろん、アライバルもその内の1頭。

イレこむこともなく、かといって気合不足でもなく、淡々と歩を進めていました。

「とまーれー」

騎乗命令がかかり、ルメール騎手が小走りでアライバルのもとへ。

ルメさんを乗せた瞬間。

アライバルのスイッチが入りました。

明らかに雰囲気が一変したのです!

今までの淡々とした感じが消え、「さぁ!やるゾ!」という臨戦態勢にチェンジ。

力の漲りが見ているこちらにも伝わってきて、思わず笑みが浮かんでしまう。

厩務員さんを困らすほどではないけれど、グイグイとした歩様で前へ前へ進みます。

騎手を乗せて変わり身を見せる――賢い馬なのでしょう。

パドックを後にして、馬場へ向かいます。

アライバル
向こう側にいるのがアライバル。

返し馬

芝は稍重

細かな雨が風に舞って、ターフを濡らします。

そんな中、登場したアライバルの返し馬は…。

ダイナミックでした!(^O^)/

可動域が広いストライド。

前肢を高く上げ、「もっとスピード出そうゼ!」とルメさんに言っているかのよう。

「まだレースじゃないヨ」と手綱をしぼられると、ちゃんと理解した様子で、やはり賢い。

雨に足をすべらすこともなく、しっかりと大地をとらえて走る姿に安心しました。

安心どころか、勝利への期待がふくらむばかり。

さぁ、もうすぐゲートインです!

レース

スタートは11番枠から。

比較的馬場の良い外目を走れたのは、幸いでした。

ゆるいペースの中、前に馬を置いて折り合いをつけます。

やや行きたがるそぶりも見せますが、許容範囲内。

直線に向いて進路を確保すると、ルメール騎手がムチを入れる。

すると!

一気に先頭へ!

まるでゴーサインを待っていたかのように、すごい瞬発力を発揮!

悠々と1着でゴールを駆け抜けました(^^)v

いっやー、強かった!

「瞬発力を見せつけての勝利」というのが、また嬉しい。

このまま無事にいけば、まず間違いなく重賞を獲ることでしょう。

うまくいけば…馬名通り競馬界の頂点に到達するのも夢じゃない(^^)

――以下はおまけ。

ゴール板を先頭で駆け抜けたアライバルは「まだまだ走りたいゼ!」という気分だったのか、2コーナーを過ぎても止まらず、向こう正面のだいぶ先まで行きました。

心肺機能が優れている証拠ですネ!(*’▽’)

※関連記事:アライバル、デビュー!

※関連記事:【馬名について】キャロット2歳馬。アライバル

※関連記事:アライバルがデビューした日の東京競馬場-① 「雨がポタポタ」編

※関連記事:アライバルがデビューした日の東京競馬場-② 「シャフリヤール展」編

※関連記事:アライバルがデビューした日の東京競馬場-③ 「カルガモちゃん」編

コメント