アルマドラード、初勝利!

キャロットクラブキャロットの馬のこと

アルマドラードが初勝利を挙げました!

いやー、ここまで長かった( ;∀;)

でも、勝ち上がってくれてよかった。

初勝利まで長かった

アルマドラードは、ダービー馬レイデオロの全弟

なので、デビュー前は「ダービーに出て当たり前!」という気持ちでした。

が。

新馬戦は、断然人気で4着…。

「きっと2戦目で一変するでしょう!」という気持ちでした。

が。

2戦目は、1番人気で3着…。

「…次走で勝てば、まだクラシックに間に合う!」という気持ちでした。

が。

3戦目は、1番人気で6着…。

そして、今回。

もうダービーも終わった6月。

「ルメさん、なんとか勝たせて…」という気持ちでした。

前走6着と掲示板を外しているし、初ダートだし、とうとう1番人気の重圧から解放されます。

2番人気で迎えたレースは…

完勝でした(^O^)/

レース後。ルメール騎手の言葉

レース後。

「お待たせしてすみませんでした(苦笑)」

みたいな藤沢先生のコメントがあるかな?と思いましたが、それはなかった。

「無事に勝つことができてホッとしました」

と津曲助手がコメントしていました。

ほんと、皆さん同じ気持ちかと思います。

そして本日。

津曲助手がルメール騎手にぶつけた率直な疑問が明らかに。

「ダートじゃなきゃダメなの?」

と津曲助手がルメさんに聞いたところ、

「芝でも大丈夫」

と言ってくれたそうです。

(困り顔で「Dirt only」とか言われなくてヨカッタ。。)

さらに踏み込んで、

「どう?G1勝てる?」

と聞いたところ、

「G1でも大丈夫」

と言ってくれた……らいいな(‘◇’)ゞ

アルマドラード、まずは天栄で英気を養ってほしいと思います。

気になる次走

思えば半兄ソルドラードも、初ダートで勝っていました。

近親には帝王賞勝ち馬ゴルトブリッツもいるし、ダートをこなす下地は十分にある血統なのでしょう。

とはいえ、

「芝でも大丈夫」

と名手からお墨付きをもらったからには、次走はやっぱり…芝かな?

コメント