アライバルがデビューした日の東京競馬場 – ③ 「カルガモちゃん」編

東京G1東京競馬場で観戦

【アライバルがデビューした日の東京競馬場-② 「シャフリヤール展」編】からの続きです(^^)

フライ・ライク・バード

6月19日(土)

東京競馬場。

アライバルの新馬戦まではまだ時間があるので、競馬博物館1階シャフリヤールの展示を見ていたところ。

博物館のスタッフが中庭付近に2~3人ほど集まり、何かやっているのを目撃。

いったい何をしているのか?

「こそこそ」というか、「ひそひそ」みたいな感じの動き…怪しい。

注射痕の見せっこ でもしてるのでしょうか?

とっても気になるので、私も「こっそり」&「ひっそり」近づいてみる。

すると!

衝撃の事実が判明!

彼らは、カルガモにエサをあげていたのでした(^O^)/

生き物が相手だから、スタッフさん達は静かな動きをしていたんですね。

怪しいことなど1ミリもなかった。失礼しました_(._.)_

昨年春は無観客開催で競馬場に入れず、目にすることができなかったけれど。

毎年5月くらいに、カルガモの親子を見ることができるのでした。

カルガモ2
カルガモの親子。

スタッフの方が用意したザルには、粉末状のエサが入っています。

ヒナ達がちいさなクチバシでごはんを食べる様子は、とてもほほえましい。

ザルの中に入り込んでしまう子もいたりして笑える(^.^)

カルガモ1
奥にもいるヨ。

よく見ると、奥のスロープ状のところにもいます。

手前にいる親子とは、別の世帯(?)みたいでした。

さっきまで500kgを越えるサラブレッドを見ていただけに、ふわふわのヒナは一段とかわいい(馬もかわいいけど)。

ガラス越しの為、鳴き声とかは聞こえなかったけれど、しばし時間を忘れて眺めていました。

ダービー・ゾーン

カルガモに見とれていたら、アライバルの新馬戦が終わってた。

…なんてことになったら大変なので。

カルガモちゃん達に別れを告げ、競馬博物館を後にします。

さて、パドック方面へ戻る途中。

ローズガーデン付近、歴代ダービー馬のパネルを確認したところ…。

ダービー馬
ダービー馬パネル。

シャフリヤールは、まだ作成されていませんでした。

秋には見られるかな(^O^)/

――秋。

指定席を予約せずとも、自由に競馬場に入れるようになってたりするんでしょうか。

さすがにまだムリかなー。

牧場見学とか、できるようになるといいけど。

などと、未来に思いをはせていたら。

あっというまに東京5レース、新馬戦のパドックの時間。

いよいよアライバルの登場です!

アライバルの “パドック~返し馬~レース“ については、下記の記事をご覧ください(^O^)/

アライバル、新馬勝ち!

※関連記事:アライバルがデビューした日の東京競馬場-① 「雨がポタポタ」編

※関連記事:アライバルがデビューした日の東京競馬場-② 「シャフリヤール」編

コメント