アライバルがデビューした日の東京競馬場 – ② 「シャフリヤール展」編

東京G1東京競馬場で観戦

【アライバルがデビューした日の東京競馬場-① 「雨がポタポタ」編】からの続きです(^^)

第88回日本ダービー優勝馬展

6月19日(土)

雨の東京競馬場内。

アライバルがデビューする新馬戦まではまだ時間があるので、競馬博物館へ向かいました。

「第88回日本ダービー優勝馬展」を見る為に。

これはつまり、シャフリヤール展

レースで実際に使用した勝負服やムチなどを見るチャンスです。

ダービーは指定席の申し込みにハズれて、テレビ観戦でした。

           ※馬券もハズれたけど…(^O^)/

なので「せめて展示だけでも見たい!」と思っての来館です。

競馬博物館を入ってすぐ、1階エントランスホールで展示されていました。

シャフリヤール展

サンデーレーシングの服色をイメージした、“黒×× の色調でデザインされた展示。

出資者じゃなくてもテンション上がる(^-^)

あの日使われた勝負服・帽子・ムチが、ガラスケースにおさまっていました。

でも。

ゼッケンがなかった。

優勝馬に贈られるレイや馬着もなし。

それらは今、オーナーの手元にあるのでしょうかね(^.^)

インパクトのある展示とは

――そういえば。

昨年の「ダービー優勝馬展」では、面白い展示がありました。

矢作マスク

コントレイルのゼッケンの手前にあるのは…。

矢作厩舎オリジナルマスク。

マスク。

“無観客ダービーを象徴するアイテム“ と思ったのでした。

  ※関連記事:2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ。3週目-②「競馬博物館」編

――それに比べると。

今年のシャフリヤールの展示は、とてもスタンダードな感じでした。

スタンダード。

実に結構です。でも。

下記のようなアイテムが展示されていたら、もっと話題になるのでは?

◆山本昌が買った、シャフリヤールの単勝5万円の馬券

◆山本昌が頭をぶつけた、天井の照明

馬券はコピーでも可!

天井の照明は、大部分が破砕されていると尚よし!!

…一応、解説をしますと。

元プロ野球選手の山本昌さんは、シャフリヤールの出資者。

ダービー当日は「みんなのKEIBA」に出演し、愛馬の単勝5万円や3連単を購入。

ゴール直後は歓喜のあまり、飛び上がって天井の照明に頭をぶつけたとか。

――そんな山本昌さんですが。

彼ほどの人なら、口取りに加わっても誰も文句は言わないんじゃないかナ、と思いました。

吉田氏父子・調教師・厩務員さんだけの、口取り。

シャフリヤール口取り

まぁ、テレビのオンエア中だったし、いろいろ難しいんでしょうけど(‘◇’)ゞ

山本昌さんも、この展示を見る為に競馬博物館を訪れればいいのに。

そんなことを思いながら、ふと視線をずらすと。

そこにいたのは…。

次回、【アライバルがデビューした日の東京競馬場-③ 「カルガモちゃん」編】へ続きます(^O^)/

※関連記事:アライバル、新馬勝ち!

※関連記事:アライバルがデビューした日の東京競馬場-① 「雨がポタポタ」編

コメント