アライバルがデビューした日の東京競馬場 – ① 「雨がポタポタ」編

東京G1東京競馬場で観戦

6月19日(土)

東京競馬場に行ってきました!

この日のお目当ては、新馬戦のアライバル

彼がパドックに姿を現すまでは、競馬場内を散策していました。

今回は、その模様を書こうと思います。

雨がポタポタ

前回 東京競馬場を訪れたのはオークスの日で、雲一つない快晴でした。

青空の下、ソダシの白さが際立っていたっけ。

オークスパドック
↑オークスの日。

あれから4週間…。

その間に、関東地方は梅雨入りしました。

今回の府中は、オークス・デーとはうってかわって、雨がシトシト。

最近の暑さがウソのような、梅雨寒つゆざむの日。

朝の雨脚はそこまで強くなかったけれど、場所によっては相当降ったのかも?

そう思ったのは、こんな風景を見たからです ↓

あまもり

バケツが3つ。

これはまさか…。

雨漏り?(◎_◎;)?

いやいや!

天下のJRAの施設で、台風でもないのに雨漏りなんてするわけない!

そう思ってバケツの上に視線をやると…。

ポタポタと雫が落ちている。

てことは…。

雨漏りでした!(^O^)/

天井をよーく見ると、ガラスとガラスのすきまから水滴が落ちている様子。

なので、正確には雨漏りではないのかもしれません。

でも。

お客さんが普通に通る場所に、ドデーンとバケツを設置するなんて…。

ある意味、堂々たる眺めです。

というか、雨が降るたんびに こんな措置をとっていたのだっけ?

…あんまり記憶がありません。

あまもり

改めて写真を見ると。右側のポスターのターフィーは、

「雨漏りしてスミマセン」

と謝っている…ようにしか見えない(*´з`)

コロナ禍でもJRAの売り上げは落ちていないし、というか、むしろ上がっているようだし。

施設の修繕費におカネをまわしたらいいんじゃないかナー、と思いました。

まぁ、余計なお世話ですけどネ(*’▽’)

バケツを尻目に

JRAのフトコロ事情に思いをはせているヒマなどない!

1レースの2歳未勝利戦を見た後、私は競馬博物館へ向かいました。

そこで私が見たものは…。

次回、【アライバルがデビューした日 – ② 「シャフリヤール展」編】へ続きます(^-^)

※関連記事:アライバル、新馬勝ち!

※関連記事:アライバルがデビューした日の東京競馬場-③ 「カルガモちゃん」編

コメント