2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ。3週目-② 「競馬博物館」編

JCガーデン東京競馬場で観戦

2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ。3週目-① 「ターフィーショップ」編からの続きです。

2020年11月22日、午前10時55分。

ターフィーショップを出た私は、てくてく歩いて競馬博物館へ。

競馬博物館

ここに入るのも久しぶりです。

入って右手に、エントランス展「第87回日本ダービー優勝馬展」。

今年のダービーを勝った、コントレイルにまつわる品が展示されていました。

実際にダービーで使用された鞭や勝負服など。

コントレイル勝負服
コントレイルの勝負服

今年のダービーは無観客開催。あの日、この勝負服を実際に目にした客はいないわけです…なんだか感慨深い(^.^)

勝負服の右には、コントレイルの調教ゼッケンが飾られていました。

そして、その手前にあったのは…

矢作マスク

矢作厩舎オリジナルマスク!

白と赤の厩舎カラーに、おなじみのイラスト。かわいらしい。

さきほどターフィーショップで、勝負服柄マスク(一枚2000円)を見てきたばかり…この矢作厩舎オリジナルマスクはプライスレスでしょう。

というかこのマスクこそが、今年のダービーを象徴するアイテムの一つなのかも…

マスク展示の意味

コロナ感染拡大防止のため、1944年以来となる無観客で行われた今年のダービー。

矢作調教師はファンをとても大切にする方で、コントレイルの雄姿を大観衆に見てもらいたかったはず。

ディープインパクトとの父子無敗二冠を達成はしたけれど、ファンにナマで見てもらうことはできませんでした。

コロナがなければ、ウィナーズサークルで大歓声を浴びたことでしょう。ヤハギ・コールだって起こったかもしれません。

コロナのせいで無観客開催となったダービー。

今回の展示にマスクがあるのは、いろんな意味で記憶に残るダービーを象徴するアイテムだからかな、と思いました。

赤と白の展示

競馬博物館の2階では、テーマ展「2019年度 JRA賞典」が開催。

受賞馬と受賞者のパネルがずらりと展示されていました。

最も目立つのは、やはり昨年の年度代表馬・リスグラシュー関係の展示。

リスグラシューメンコ
リスでーす

リスのつけていた、メンコと頭絡。

蛍光灯の明かりが、リスの流星を見事に表現して…いませんね(‘_’)

しかし、1階の展示(コントレイル)といい、2階の展示(リスグラシュー)といい、矢作カラー一色といった感じです。

(赤と白だから、二色??)

リーディングトレーナー争いも、2020年11月23日現在、矢作師が1位。

勝利数だけでなく、モズアスコットやサトノインプレッサの重賞Vもある。そして今週のジャパンカップには、大将コントレイルを送り出します。

どんな競馬を見せてくれるのか…ほんとワクワクさせてくれます(^O^)/

怪物…

でもコントレイルには、まだこれといった愛称がないような気が。

ディープインパクト“英雄”だったから、えーと…

思いつかない。

何がいいかなー、とか考えながら競馬博物館を出たところで、

“怪物”

の二文字が去来。

というのも…

かいぶつ
ぱくっ!

このイラスト(◎_◎;)

馬、というには目がデカすぎる。

かわいらしさを強調するデフォルメ?

にしては、歯とか やけにリアルでアンバランス。

「馬のかわいらしさをアピールしつつ、エサをあげないで&噛む場合があるから気をつけてネ、と注意喚起するイラストを作りたい!」

という依頼にこたえて作成されたもの、なのでしょう。たぶん。

「怪物」なんて思ってしまってスミマセン。

…でもボクは、おがわじゅりサンのイラストがいいナー(‘◇’)ゞ

さて、競馬博物館を出た私は、いよいよ本腰を入れて馬券を買う為にスタンドへ。

次回、「2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ。3週目-③ 「薔薇と白馬」編」へ続きます。

コメント