2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ。2週目-② 「困りもののコーヒー」編

エリ女東京競馬場で観戦

2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ。2週目-① 「静かなる庭園」編」からの続きです。

2020年11月15日、午前11時22分。

東京第4レースが終わりました。

午前中のレースは全部、一番人気が一着。午後は逆に荒れるかな?

場内は昼休みに入ります。

トゥルーアート、デビュー!

次の第5レースは新馬戦。

キャロットトゥルーアートがデビューするので、急いでパンを食べます。

ハトが遠慮なく近づいてくるので、「お前にはやらん。これはカルガモ用だ」と慌てて食べます。あっ、全部なくなっちゃった。

…昼飯を終えて、パドックへ向かいます。

トゥルーアートは結構人気になっている。それもそのはず、フックラして良い仕上がり。

落ち着いて周回できており、これは好結果が期待できそう。

ふいに暖かい風が吹いて、頭上から落ち葉がさらさらと舞い散ります。

写真は、落ち葉に動じることもなく、ちらと視線をくれたトゥルーアートです。

トゥルーアート
トゥルーアート

同じキャロットのフェットデメールは、418kgという馬体重よりもなんかこじんまりした印象。

逆にやたらでかくて目立つのが、一番人気のカフェカエサル

馬体重を見ると、514kg。えっ、もっとありそうな気がするが。

堀厩舎の馬らしく、内に闘志を秘めているのがモロに伝わってくるような感じ。

ライバル筆頭はこの馬かな。

騎乗命令がかかりました。トゥルーアートのもとに、大竹調教師と三浦騎手がやってきます。

トゥルーアートは騎手を乗せてもチャカついたりせず、堂々とした様子で馬場へ向かいます。

トゥルーアート2
ジョッキーを乗せ、馬場へ向かう

あの人とあの人が仲良く歩く

ジョッキーを乗せたトゥルーアートが馬場へ。

それを見送った大竹調教師は、誰かとにこやかに話しながら馬道へ向かいます。

誰か、とは誰か。

――堀調教師でした。

へー、大竹師と堀師。

同じ関東の調教師だし、年齢も近いし(堀師が2つ上)、仲良さそうに見えました。

何をしゃべっていたかは不明ですが、鬼滅の刃の話とかじゃなくて、まぁ間違いなく馬のことでしょう。

カフェ…

さて、トゥルーアート。デビュー戦の結果は…

2着。

上がり最速で猛追しましたが、クビ差届かず…悔しい(:_;)

勝ったのは、カフェカエサル

カフェが大竹師の前に立ちふさがる。カフェが…

…どうしても、ソーヴァリアントを思い浮かべてしまう。

先週(11月7日)の東京4レース。大竹厩舎のソーヴァリアントは1着になるも、理化学検査の結果、検体から「カフェイン」が検出された為に失格になりました。

調査結果が待たれるところです。

困りもののコーヒー

しかし、堀師1着、大竹師2着か。さきほどパドックで二人がにこやかにしゃべるのを見ただけに、うーん。

私は逆の馬単(トゥルーアート ⇒ カフェカエサル)しか持ってない。馬連も買っておけばよかった…うーん。

――カフェめ。

気をとりなおすべく、“三幸”でホットコーヒーを買います。

てくてく歩きながらコーヒーをすする…アチイ(◎×◎;)!

目測を誤ったというか、歩きながらだから揺らぎが生じたというか…とにかく予想より多くコーヒーが口に含まれてしまった。あちい。

――コーヒーめ。

…というわけで、この日の昼はカフェ&コーヒーにやられてしまいました。

この借り(?)は馬券で取り返す!

そう意気込んで、午後のレースに立ち向かいます。

次回、「2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ。2週目-③ 「府中で見るエリ女」編」に続きます(^O^)/

コメント