2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ-④ 通行止めメモリアル!編

販売休止ターフィー東京競馬場で観戦

2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ-③ ターフィーひっくり返る!編からの続きです。

2020年11月8日、午前11時26分。

9ヶ月ぶりに入った東京競馬場なので、馬券も当然買いますが、あちこち探索してまわります。

通行止め…①

とにかく人が少ないし、換気の為にドアも開け放してあるので、てくてく歩ける。

そうやって歩きまわると、だんだんお腹がすいてきます。もうすぐ昼だし。

平常時であれば、フードコートでいろいろ選び放題。

あるいは内馬場で開催される「メガグルメ・フェスティバル」で、各種食べ物をチョイスすることもできました。

しかし、今は非常時。

たとえば西門フードコートでは、ラーメン屋さんとフライドチキン屋さんしか営業していませんでした。

また、内馬場に関しては…

さく
柵による立ち入り規制-①

――内馬場に行くこと自体、できなくなっていました。

ヒーローショーだったり、前述のグルメフェスだったり、そういったイベントができない以上、内馬場は閉鎖なんでしょうね。

ヒーローショーで思いだしたけれど、こうやって場内を散策していて一つ感じたことがあります。

それは…

「子供の姿を見ない」ということ。

子供、全然いませんでした。

「酒も飲めねぇし、大声も出せねぇし、俺ぁ家で電話投票の方がいいや」

…ってこんな子供はいない。

やはり、ミニ新幹線や遊具のある内馬場は閉鎖だし、ショーもないし、

「僕ぁ家でスマホいじってる方がいいや」

みたいになってしまうのかな。知らんけど。

通行止め…②

それにしても、ものものしい柵です。。。

さく2
策による立ち入り規制-②

「これより先は閉鎖しております」

この黄色い幕。かなり年期が入っています。

ということは、コロナ後に作ったものではありません。

何に使っているのか?

やはり「入場規制」でしょうか。

アイネスフウジンの勝った1990年ダービーは19万人(!)も入ったそうですが、「これ以上入れたらヤバイ」みたいな雰囲気だったのでは、と想像します。

そこで幕の出番!

「そうかぁ、閉鎖かぁ。じゃぁ帰るかぁ。ダービー見たかったなぁ」

彼の後ろ姿に遠くから響く、ナカノ・コール…。

…ほんと、この幕の出番はどういう場面なのでしょう。

通行止めメモリアル

さて、内馬場に行けないことはわかりました。

歩きまわってのどが渇いたので、“耕一路“で買ったホットコーヒー(270円)を飲みます。

コーヒーの味は変わらない。

ひといきつくも、やはりここでも違和感をいだく光景が…

通行止め
ここも通行止め…

メモリアルスタンド、通行止めで入れません。

ガラス張りで換気が難しいからでしょうか。

ただ、JRAのスタッフの方はコーンの脇からスタスタとメモリアル方面へ歩いて行ってました。電気もついていたし、コロナが終わればまた入れるでしょう。当たり前か。

まとめ

ところで、「メモリアル」という言葉には「記念行事、覚え書き」という意味もあるようです。

閉鎖や通行止めといった制限はあれど、久しぶりに入ることができた競馬場。

9ヶ月ぶりに入れた今日は、「記念行事」と言ってもいいくらい。

コロナが収束すれば、内馬場もメモリアルスタンドも入れるようになるでしょう。

わざわざネットで指定席予約しなくても、「今日は競馬に行くか」と気軽に行くこともできるようになるでしょう。子供だって戻ってくる。

その時に今回の記事「2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ」を読めば、ああこんなこともあったんだ、と「覚え書き」の役割を果たすかも、と思います(^-^)

コメント