【馬名について】 キャロット2歳馬。アライバル

馬名についてキャロットの馬名

キャロット2歳馬の名前についてです!

今回は この馬!

アライバル

父:ハービンジャー  母:クルミナル

性別:牡

アライバル。

どんな意味でしょうか。

語感は、2009年の皐月賞馬 アンライバルドに似ています。

アンライバルドは「匹敵するもののない、無比の」という意味でした。

では、洗い場るは…って、何だこの変換ミスは。

洗い場の馴致はとっくに終わり、既に坂路で15-15を楽々こなしているアライバル

どんな意味かというと――

馬名意味:到達。競馬界の頂点に達するよう願いをこめて。母名より連想

到達アライバル

なるほど!

母クルミナルからの連想ですね(^.^)

母の馬名意味をひもとくと、

「頂点に達する。競馬界の頂点に立つ存在になることを願って」

とのこと。

母クルミナルは、牝馬の頂点に限りなく近いところまで達しました。

桜花賞2着、オークス3着。

桜花賞では1番人気のルージュバックに先着するも、レッツゴードンキに及ばず2着。

オークスでは1番人気のルージュバックに先着され、勝ち馬ミッキークイーンから0.2秒差の3着。

結果的にそのオークスがラストランとなってしまい、夢の続きは産駒に託されることに…。

クルミナルの初仔イルミナルは、新馬2着と好発進を決めたものの、その後勝ちきれず未勝利引退。

2番仔ククナは、アルテミスS2着・クイーンC3着など、3歳牝馬戦線で頑張っています。

そして、3番仔アライバル

誕生日はお姉ちゃん達とまったく同じ、3月31日。

なんでみんな同じ日に産まれるのか…不思議(*^^*)

頑張れアライバル

アライバル。

クルミナルの産駒としては、初の牡馬です。

お姉ちゃん達は比較的コンパクトなサイズですが、アライバルは既に500キロ近い。

父ハービンジャーゆずりの雄大な骨格を誇ります。

荒威張る…って、何だこの変換ミスは。

アライバルは “威張る“ という感じではなく、堂々としています。

ホント、馬名通り「頂点に到達」できるんじゃないかと思う好素材。

いや!

頂点に到達しなければいけない逸材です!!

頑張れクルミナルっ仔

以下はオマケ(*´з`)

つい先日のアド街ック天国で、鎌倉銘菓「クルミッ子」がとりあげられていました。

私も食べたことありますが、とってもおいしいお菓子。

クルミッ仔アライバルが勝利した暁には、クルミッ子をほおばって喜びたい(*^^*)

↑クルミナルっ仔(*’▽’)           ↑おやつ(*^^*) 

※関連記事:アライバル、デビュー!

※関連記事:アライバル、新馬勝ち!

コメント