プライル―ド、栄冠賞2着。ピヨピヨピピピ、8レースで2着。

日と馬キャロットの馬のこと

キャロットの地方所属馬、プライル―ド

門別の栄冠賞に出走しましたが、惜しくも2着でした。

プライル―ド2着

プライル―ドは好スタートを決め、4コーナーを回る際も抜群の手応え。

ムチの入る1番人気シャルフジンの外を、涼しい顔で走っている。

「これは勝ったナ!」

そう思ってたら。

シャルフジンとプライル―ドの間にぽっかり空いたスペースを、1頭すごい勢いで伸びてくる。

「あいだから、7番のモーニングショー!」

そんな実況と共に、上がり最速でモーニングショーが突き抜けました。

プライル―ドは2着…。

勝ちを確信していただけに、この2着は悔しい( ;∀;)

上手な実況

プライル―ド敗退は残念でしたけれど。

栄冠賞のレースを見て思ったのは、

「レース実況が正確だったなぁ」

ということ。

「あいだから、7番のモーニングショー!」

まるで この実況に後押しされるかのように、グイグイ伸びたモーニングショー。

…いや、グイグイ伸びているからこそ上記の実況がされたわけですが。

勝ち馬の勢いと実況が、実にマッチしていました。

キャリアの浅い2歳馬のレース、しかも短距離戦。

実況はかなり難しそう。

それを、ゴール前でテンションを上げつつ正確に勝ち馬の名前を呼ぶ――「お見事!」て感じの実況でした。

――こんな事を思ったのは、やっぱりアレが影響しています。

アレ、とは。

函館スプリントS。

某地上波にて、カレンモエカレンチャンと連呼しちゃった実況(~_~)

  ※関連記事:カレンチャン!じゃなかった、カレンモエ!

同じ北海道でのレースだけに、門別の実況の優秀さを感じました。

ピヨピヨピピピ、ピヨピヨピピピ。

門別の実況の優秀さを感じられるレースは、他にもありまして。

栄冠賞 当日の8レース。

1番人気ピヨピヨピピピが直線で抜け出しますが、この名前を全く噛まない。

「今度はピヨピヨピピピが先頭にかわる!」

素晴らしい活舌です(^O^)/!

粘るピヨピヨピピピに大外からプレシアンスが迫るシーンも、巧みな実況で盛り上げていました。

(ピヨピヨは2着)

門別の馬の強さは知っていたけれど、実況も上手だと思い知った1日でした(^O^)/

コメント