がんばれザダル。エプソムカップ制覇へ!

海上自衛隊東京音楽隊キャロットの馬のこと

ザダルが久々に走ります!

エプソムカップ石橋脩騎手で出走予定(^-^)

ザダルと、大竹先生

ザダルの前走は、昨年の毎日王冠

優勝馬はサリオスで、ザダルは5着でした。

昨年10月以来の競馬。

ちょっと余裕があるかも…と、大竹先生もやや辛口のコメントです。

その一方で。

「先週の安田記念は休み明けの馬が勝ち、勇気をもらった」

とも話しています。

一瞬、「何故ここでダノンキングリーの話が?」と思いました。

コジツケかな?とも少し思っちゃった。

でも!

ダノンもザダルも、共にノーザンファーム天栄仕上げ

そしてダノンキングリーは、大竹先生の師匠である萩原調教師の管理する馬。

大竹先生は、NF天栄 & 萩原先生の手腕に感服すると同時に、

「ザダルだってやれるはず…!」

と静かな闘志を燃やしているに違いない(‘ω’)ノ

ザダルと、ダノンキングリー

改めて、ダノンとザダルの戦績を振り返ると。

ダノンキングリーは、デビュー3連勝

ザダルも、デビュー3連勝

3連勝の後、「3着」になった点も一緒です。

  ※ダノンの4戦目 … 皐月賞3着

  ※ザダルの4戦目 … セントライト記念3着

2頭は同じ年齢。

5歳馬です。

ダノンとザダル、こんなにある共通点。

     ↑ コジツケかな?という気もしなくもないが(笑)

休み明けを苦にせず、ザダルが勝つシーンも容易に思い浮かびます(^O^)/

ザダルと、セダブリランテス

――ザダルには、休み明けを克服してほしいけど。

「長期休養明けを一度叩いた馬」も怖い。

セダブリランテス

2019年12月のディセンバーSを勝った後、屈腱炎で約15ヶ月の休養…。

今年の3月にリステッドレースで復帰し(6着)、今回のエプソムカップ参戦です。

こちらももちろん、NF天栄仕上げ

一週前追切ではシュネルマイスターと併せ馬をして、良い動きだったそうです。

シュリアルジャンナなどの関西馬も強敵ですが。

ザダルのライバルは、セダブリランテスかなーと思っています。

キャロット VS シルク という馬券になりそう。

春の府中G1は終わってしまったけれど、G3でも熱いレースが見られそうです(^.^)

コメント