やったぜ ザダル。エプソムカップ制覇!!

キャロットクラブキャロットの馬のこと

ザダルエプソムカップを勝ちました!(^O^)/

ザダルのエプソムカップ

8ヶ月の休み明けで、馬体重はプラス12kg…。

なのに、3番人気という高い支持でした。

井崎センセイが本命にしたから?

…それもあるかもしれませんが。

やはり、ザダルの実力が評価されたのでしょう。

先週の安田記念のことを皆さん覚えていた、ということもあるかもしれない。

※ ↑ 休み明けダノンキングリーが勝利。

3時前に雨が降っていましたが、天候悪化でヒョウが降りレースが中止…になることもなく。

無事にファンファーレが鳴り響きました。

そして結果は…。

重賞初制覇!

ザダルと石橋騎手

石橋騎手がザダルを信頼して乗ってくれたおかげで、重賞を勝つことができました。

本当にありがとうございました!(^-^)!

信頼のポイントは、この2つかと思います。

  ・ザダルの操縦性

  ・ザダルの切れ味

キャロット公式でレース後に大竹調教師がコメントしていますが、“ザダルは手前を替えづらいところがある“ とのこと。

石橋騎手はそれを理解して、直線で右手前に替わるまでは追い出しを我慢

右手前になってから追うことで、ザダルの切れ味を存分に発揮させてくれました。

刻一刻と変化するレースにおいて、「手前がちゃんと替わるまで待つ」というのは相当難しいことだと思います。

ひと呼吸待っていたら、欲しいポジションを取られちゃったり、開いてたはずの進路が閉じちゃったり…。

「なんであそこで動かなかったんだ」

などと、外野からヤジられる可能性もあるわけです。

【騎乗する馬の持ち味を最大限に生かす。その結果、勝つことができたら最高】

石橋騎手はザダルの持ち味を最大限に生かし、そして勝利に導いてくれました。

ゴール後のガッツポーズからは、本当に喜びが伝わってきましたね!

ザダルと最高の相棒

エプソムカップでザダルの騎乗依頼を受けた際、石橋騎手は

「また戻ってきてくれるとは思わなかったです」

と口にしたそう。

これはつまり、

「また乗りたかった」

とずっと思っていた、ということでしょう。

「また乗れて嬉しい」

「乗るからには、結果を出さなければ…!」

という決意もあったに違いない。

今日の競馬で、さすがにザダルはヘトヘトになってしまったそう。

なので、次走がどこになるかはまだわかりません。

でも。

「ザダルのことを一番理解しているジョッキーは誰か?」

というのが、今回ホントによくわかったので。

ザダル。

石橋騎手と共に、さらなる高みを目指して頑張れ(^^)

※関連記事:がんばれザダル。エプソムカップ制覇へ!

コメント