キャロット2022年募集馬、発表される!リスグラシュー初仔やマリアライト産駒など、注目のラインナップ

レイデオロキャロットクラブ
スポンサーリンク

キャロットの2022年度 1歳募集予定馬が発表されました(^O^)/

母キャロ&父キャロ。アワブラッド

全部で92頭のラインナップ!

Our Bloodアワブラがキャロットの真骨頂ですが、今年もたくさん(^^♪

およそ半数、46頭ほどがアワブラです。

ニューフェイスの母キャロも多く、

「ついこないだまで走ってた気がするナ…」

という名前も。

出資していなかった母キャロの仔は、すぐに登場する…そんな印象です_(._.)_

母馬だけでなく。

父馬に目を向けても、アワブラはたくさん(^-^)

エピファネイア・リアルインパクト・リオンディーズといった常連に加えて…。

レイデオロも仲間入り!

ディープインパクト&キングカメハメハの産駒がいなくなっても、実に魅力的な顔ぶれが揃っております。

トゥザグローリートゥザワールドの産駒がいたら、もっとよかったかも?)

今回発表されたのは確定リストではないので、今後変更される可能性もありますが。

気になる馬をピックアップしてみたいと思います(*^^)v

注目のアワブラ。マリアライト・リスグラシュー etc…

現時点では、厩舎やお値段は決定していませんが。

下記の馬たちは、母と同じ厩舎に入るのでは?と予想(^-^)

◆マリアライトの21(父レイデオロ) メス

父レイデオロ・母マリアライトということで。

今年のラインナップにおける、「最優秀アワブラ大賞」を受賞しました! ←個人的に。

オーソクレースの妹ということで、デビュー前からものすごい注目を集めるのは間違いない。

※所属は、母と同じ久保田厩舎でしょう。

マリア蛯名
マリアライト&蛯名騎手。

◆リスグラシューの21(父モーリス) 牡馬

女傑リスグラシューの初仔!

もうリスの産駒が登場と思うと、なんだか感慨深い(´ー`)

父モーリスもリス同様に、デビュー時から素質は目立っていましたが、本格化は古馬になってから。

海外での勝利があるところも共通していますね。

馬名は、父母ともリスが付くので、そういった名前になるとますます応援したくなります(*^^)v

※所属は、母と同じ矢作厩舎で間違いないでしょう。

リスグラシューメンコ
リスグラシュー…のメンコ。

◆エリティエールの21(父ロードカナロア) メス

エリティエールの初仔!

エリティエールはルージュバックの妹ということで注目を集めていました。

歩様にカタいところがあってコンスタントに使えなかったけれど、3勝を挙げました。

いまやエリティエールはポタジェの全姉ということで、勢いのある血統と言えます!

父も、現在リーディング2位のロードカナロアだし!

…こりゃぁ高くなりそうだ(^-^;

※所属は、母と同じ大竹厩舎がいいな。

エリティエール
エリティエール。

◆アンジュシャルマンの21(父ニューイヤーズデイ) メス

アンジュシャルマンのこどもがキャロットに!

彼女の初仔は、セレクトセールに上場されたロジドレフォン(2歳牡馬)。

「アンジュシャルマンの仔はセレクト専用になっちゃうのかな…」

と思っていただけに、これは嬉しい(^.^)

ニューイヤーズデイは未知の種牡馬ですが、その分リーズナブル…だったらいいな。

※所属は、母と同じ佐々木厩舎…だったらいいな。

レイデオロ産駒が少ないヨ

――ということで。

今回は、母キャロ4頭をピックアップいたしました。

ここで、父キャロについてひとこと。

レイデオロ産駒が2頭って、少なくないですか?

牡馬1頭、メス1頭。

キャロット初のダービー馬であるレイデオロ産駒、キャロットでは大盤振る舞い!と思っていただけに残念です(-_-;)

※参考:シルクも、彼の産駒は2頭だけでした。

以下はオマケです。

年々減ってきている母父サンデーサイレンスは、とうとうゼロ…かと思いきや。

1頭いました。

グレイシアブルーの21(父ルーラーシップ) メス

メールドグラースの全妹になるわけで、争奪戦必至です!(^^)!

最後に。

キタサンブラック産駒がいないのは、ナゼ?(@_@)

コメント