ヴァーダイト、初ダートで圧勝! 兄クリソベリルに続け

キャロットクラブキャロットの馬のこと

ヴァーダイトが2勝目をあげました!

舞台は阪神ダート2000メートル。

初ダートとなりましたが、なかなか強い勝ちっぷり。

新馬戦の勝利以来、約1年ぶりとなる白星です!ここまで長かった…(*_*)

新馬圧勝! でもその後は…

ヴァーダイトの新馬戦は、阪神芝2000メートル。

先行して最速の上がりを叩き出し、2着に4馬身差をつける完勝でした。

これは強い!さすがマリアライトの全弟!!

レース後は、すぐに翌年の皐月賞やダービーに思いをはせてしまいました。でも。

2戦目は、2月の梅花賞。京都芝2400メートル。

「あっさり勝って、クラシックロードへ!」

期待は大きかったけれど。

なんじゃこりゃ…といいたくなるような失速。7着。

その後のレースも、先行してバテる感じ。馬券圏内にも食いこめない。

6/28のレースにいたっては、なんと9頭立ての8着。ほぼビリじゃん…。

しかし、川田騎手はこうコメント。

「秋になればもっと身が入ってくるはず」

トップジョッキーのコメントを信じて、成長を待つことになります。。。

矛先をダートへ

休養をはさみ、約5ヶ月ぶりとなるレース。

11月の京都芝2400メートル。

当然、変わり身を期待していたけれど。

これまで同様、先行してバテてしまう競馬。ううーん。

この敗戦により、芝には見切りをつけることに…。

そしてのぞんだ、初ダートとなった今回のレース。

結果はごぞんじの通り、白いシャドーロールをゆらしての圧勝(^-^)!

「ダートで勝利」という結果だけ見ると、

「クリソベリルの弟だし、そりゃ勝つでしょ」

と思われるかもしれない。

しかし。

昨日の夜はヴァーダイトが1番人気でした。

本日の午前中は、2番人気に下がっていた。

そして、最終的には3番人気…。

いくらクリソベリルの弟とはいえ、近走の着順があまりにもパッとしないだけに、馬券を買うファンも迷ったことがわかります。

とにかく、新馬戦以来の2勝目です!

「やっぱりダートが合っていたな」

と言いたくなるのは当然。

ですが。

ただそれだけではない気がするのです。「このタイミング」での勝利なので――

兄と弟の対話

先日のチャンピオンズカップでは、クリソベリルがまさかの4着敗退。

断然の1番人気を裏切る結果となってしまいました。

音無厩舎の方々は頭をかかえたでしょうが、きっとクリソベリル自身も落ち込んだと思うのです。

いつも堂々としているクリソベリルが、なんだかシュンとしている。

あまりに気落ちした兄を見て、弟ヴァーダイトは何とか元気づけたいと思った。

そして、こんなことを言ったのでは?

「兄さん! 僕がチュウワウィザードをやっつけるよ!」

それに対し、クリソベリルは何と返したか。

お前には無理だ、などとは絶対言わない。

兄は兄で、弟はもっとやれるはずだと思っていたから。

「わかった。でも、今すぐには無理だ」

まずは、ダートで1つ勝て。

兄クリソベリルは、弟ヴァーダイトにこう言ってエールを送ったのではないでしょうか。。。

以上は完全に推測ですので、ご了承下さい_(._.)_

でも、兄クリソベリルが負けた後に、弟ヴァーダイトがダートで初勝利。

巡り合わせのような気がしてなりません。

近親アロンダイトのように、ヴァーダイトにはダート転向後の快進撃を期待します(^O^)/

コメント