【キャロット追加募集】 ボージェストの19 について

キャロットクラブキャロット募集馬の検討

キャロット追加募集、ボージェストの19 についてです!

ボージェストの19、血統と手術歴

父:エピファネイア

母父:キングカメハメハ

エピファ × キンカメの牝馬。

デアリングタクトと同じ配合です!

本馬の血統はさらに豪華。

なんといっても、父系にはシーザリオ、母系にはエアグルーヴの名前が輝いている。

名牝の邂逅!て感じです(^O^)/

牧場スタッフが「ボーデン似かな」と口にしたそうで、いやが上にも期待は高まります。

(半兄ボーデンは、皐月賞こそ出走しなかったものの、スプリングSで3着)

手術歴として「ボージェストはボーンシスト」と、ちょっと書き間違えそうな記載があります。

片側だけではなく、「両トモ大腿骨内側顆ボーンシスト手術」らしいので、それを嫌う人も中にはいるかも。

なので、比較的 出資はしやすいかというと…

んなわけない。

めちゃくちゃ人気するでしょう(^O^)/

動画を見ての感想

動画を見た感想は以下のとおりです。

本馬の特徴は、「他馬と併せても舞い上がらないこと」かなと思いました。

4/12の動画では、坂路で4頭併せの調教を行なっていますが、本馬は右から2番目。

つまり、両側に馬がいる状態です。

そんな中、ガーッと力んで走ることもなく、正確なリズムを刻んで駆け抜けている。

鞍上との折り合いをつけることができるわけで、これは実戦で武器になります。

この血統だし、切れ味がないわけはない。

折り合いをつけて馬群の中で我慢、満を持して追い出すや一気に先頭へ――そんなシーンを思い描いてしまいます(^-^)

ボージェストの19に描く未来

ノーザンファーム生産・キャロット・手塚厩舎ということで。

新馬戦ではルメール騎手が乗ってくれるでしょう(多分)。

そういえば、本馬の近親スカイグルーヴが今週末に出走予定。

4/24(土)東京10レース、晩春ステークス。

鞍上はルメール騎手を予定。

ハンデ54kgなので、めでたくルメさんが乗ってくれます。

  ※↑53kgだと乗ってくれなかったぽい。

  関連記事:ルナシオン、53キロじゃルメール騎手は乗れないってよ。春興S

スカイグルーヴがこのタイミングで勝つと、ボージェストの19への票がドカンと増えるでしょう。

シルクの馬による、キャロットへの影響。

こういうの全部含めて競馬は面白い(^O^)/

――最後にオマケを。

ボージェストの19、名前は “ボーグラフ“ が良いと思います。

フランス語で「淑女」の意。

…嘘です。

棒グラフ」です。

「右肩上がりの成績を願って」みたいな感じで(‘◇’)ゞ

コメント