シルク募集終了後は…キャロット募集! シルクの結果からキャロットを占う。

レイデオロキャロットクラブ

8/6(金)に、シルク第1次募集が終了。

ちょっと一息ついたら…。

9/1(水)に、キャロット第1次募集が始まります(^O^)/

キャロット2021募集

シルクの募集馬は全部で74頭でしたが。

キャロットはもっと多い。

全部で92頭です!

まだ厩舎や価格は発表されていません。

発表されるまではドキドキです。

厩舎。

シルクには名前のなかった、新規開業のアノ人はいるかナ?

蛯名調教師(^-^)

価格。

ディープインパクト産駒がいないので、ミリオンホースはいないかナ?

――いやいや!

きょうだいにG1馬がいるアノ馬とアノ馬は、牝馬だけど1億円を超える…かも。

ラドラーダの20(父ロードカナロア)。

シーザリオの20(父ロードカナロア)。

価格は、8月中旬にわかる予定です。

――さて。

シルクキャロットは、いろいろ違う点が多いけど。

「どんな馬が人気になるか?」というのは、それなりに共通点があるとも言える。

なので。

つい先日終わったシルク2021募集から、キャロット2021募集を占ってみたいと思います!

シルバーステートについて

まず。

シルク2021募集、人気トップ5は下記でした。

  ※最終発表は8/13なので、中間発表後の数字を参照(‘◇’)ゞ

   父  母 性別  厩舎  募集総額 
1シルバーステート サダムグランジュテ 牡馬音無2400万円
2サトノクラウンオーロラエンブレム牡馬宮田2000万円
3モーリスパンデイア牡馬手塚3600万円
4ドレフォンスペシャルグルーヴメス藤岡2400万円
5ハーツクライピラミマメス高野4500万円

シルクの1番人気は、シルバーステート産駒でした!

好馬体、名門厩舎、リーズナブル…と三拍子そろえば人気も集中しますわな(^^)

シルバーステートといえば。

8/7(土)2歳オープンのダリア賞で、産駒がワンツー・フィニッシュ。

1着ベルウッドブラボー、2着コムストックロード

新種牡馬ながら、ディープ後継としての存在感を示すド派手な滑り出しです!

キャロット2021募集でも、シルバーステート産駒は2頭います。

ピンクアリエスの20ラテアートの20

おそらくそんなに高いお値段ではないだろうし、馬体や厩舎次第ではシルク同様かなり人気になるかも。

サトノクラウンについて

サトノクラウン産駒も、シルク募集で票を集めました。

シルクで人気になったのは、母系にシルクゆかりの活躍馬が多数いる馬。

とはいえ、新種牡馬サトノクラウンに対する期待の大きさもうかがえます。

サトノクラウンは、サンデーサイレンスの血を一滴も持っていません。

なので、サンデー系の繁殖牝馬を配合しやすい。

キャロット2021募集で産駒は3頭募集されますが、当然みんなそういう血統。

グレイシアブルーの20パルティトゥーラの20クレオールの20

サトノクラウン産駒も、お値段はそこまで高くならないでしょう。

パルティトゥーラとクレオールは母馬優先アワブラだし、出資は狭き門になりそうですね。

モーリスについて

モーリス産駒もシルクで大人気でした。

ハンパな実績では手に入らない馬が、1頭だけでなく複数登場。

いずれもグッドルッキングな馬ばかり…さすがの遺伝力です。

シルク2021募集では、モーリス産駒が7頭

募集ラインナップで最も多かったのが、モーリスの仔でした。

  ※次に多かったのは、ロードカナロアとハービンジャーで6頭ずつ。

キャロット2021募集では、モーリス産駒は8頭

ロードカナロア(9頭)に次ぐ多さです。

そんなモーリス産駒の中でも注目を集めるのは…。

やはり、ルージュバックの20でしょう!

ルージュにとって初めての牡馬です。

長女ブラーバックも昨年の募集時は超絶人気で、なんと「母馬優先 & 最優先」を行使しても出資できない方が出たという…(;_:)

…。

そういう方は今年は “バツ1“ なので、最優先を使えばまず間違いなくゲットできるはず。

バツ1を喜んで行使したくなるくらい、誰が見ても唸るような好馬体をカタログで披露してほしいものです(^^)/

…ルージュバックには思い入れがあるので、つい先に紹介しちゃいましたが。

ケイティーズハートの20も当然注目です!

半兄エフフォーリアという良血牝馬。

兄はエピファネイア産駒でしたが、父がモーリスにかわった本馬はどんな仔なのかな。

兄とは違い、モーリス譲りの白ソックスを履いていると個人的に嬉しい。

こちらも母馬優先アワブラなので、母や兄に出資していた方はゼヒ出資したいところでしょう。

まとめ

――いろいろ書いてきましたが。

“実績制“シルク

“母馬優先“キャロット

戦略は当然異なります。

でも。

人気になる馬の条件は、下記のひとことであらわすことができます。

それは…。

馬体が良くて、厩舎が良くて、リーズナブル。

結局、これに尽きる(^-^;

※関連記事:【キャロット】2021年度 1歳募集予定馬リスト発表! カナロア産駒多し。母父ディープも。

コメント