【キャロット】2021年度 1歳募集予定馬リスト発表! カナロア産駒多し。母父ディープも。

レイデオロキャロット募集馬の検討

キャロット2021年度1歳募集予定馬リストが発表されました!

まずは、全体を見た感想を(^O^)/

2021年キャロット募集。多い種牡馬は?

最初に目に入る、募集番号 “1番“

ロードカナロア産駒です。

ここ数年、“1番“ディープインパクトの指定席でしたが、今年はカナロア。

ディープの不在を実感します。。

でも!

種牡馬リーディングのトップはディープでも、2位はカナロア。ハーツクライにかなり差をつけています。

今後しばらくは、カナロアがリストのトップを飾るのでしょう。

――さて。

募集予定馬は、全部で92頭

産駒数の多い種牡馬を挙げると…。

◆9頭 ロードカナロア

◆8頭 モーリス

◆7頭 ドレフォン

◆6頭 エピファネイア・リアルスティール

一番多いのは、ロードカナロアでした!

種付け頭数の多さがダイレクトに反映した感じですかね。

カナロア
ロードカナロア。

モーリス・ドレフォン・エピファの多さは納得として。

リアルスティールが6頭とは。

リアルインパクトは1頭しかいないのに(;’∀’)

父馬優先はないけれど、“父キャロット“ であるリアルインパクト

その唯一の募集馬は、おお!

シンハリーズではないですか。超絶人気かも。

また、他の父キャロでは。

リオンディーズ産駒が2頭。

トゥザワールド産駒が1頭。

…もっと多くてもよいのでは?とか思いました(‘◇’)ゞ

リオンディーズ
リオンディーズ。

2021年キャロット募集。多い母父は?

いっぽう。

母父で多い種牡馬はこちら。

◆7頭 ディープインパクト

◆6頭 クロフネ

◆4頭 ジャングルポケット・スペシャルウィーク・シンボリクリスエス・マンハッタンカフェ

やはり、母父で一番多いのはディープ。

現2歳キャロットのクラシック候補、アライバルも母父ディープです。

そのアライバルと同配合、“ハービンジャー × ディープ” が1頭いますね。

アウェイクの20。超絶人気かも。

「意外と少ないナ」と思ったのが、母父キングカメハメハ

2頭しかいません。

もっといてもよさそうな気もしますが…たまたまですかね。

また、母父サンデーサイレンスも2頭。

こちらは、年齢的に年々少なくなっています。

サンデーサイレンス
サンデーサイレンス。

ディアデラノビアグレイシアブルーも、生年は2002年。

ベテランママサンです。でも。

前者はディアデラマドレ・ディアデルレイ、後者はメールドグラースを輩出。

超絶人気かも。

まとめ

というわけで。

リスト全体を見た感想を書いてきました。

次回は、思い入れのある「あの馬」や「この馬」について書きたいと思います(^O^)/

コメント