シルク2021年度募集馬。関東&関西の、高い馬&安い馬について。

シルクシルク募集馬の検討

シルク2021年度募集馬リストが出ました!

関東39頭、関西35頭

全部で74頭です。

今回は、「関東&関西の、高い馬&安い馬」について書きたいと思います(^O^)/

関東の、高い馬&安い馬

関東には、ミリオンホースはいません。

「ディープ&キンカメ産駒がいない」というのは、こういう事なのかな…と少し思いました。

最も高いのは8000万円

ヒカルアマランサスの20です。

ハービンジャーの牡馬で、所属は国枝厩舎

価格&厩舎が決まる前から、これは人気になるだろうなぁ…と予想していたけれど。

この価格&この厩舎なら、超絶人気でしょう!

※関連記事:シルク2021年度募集馬。予想1番人気はあの馬?

逆に、最も安いのは1400万円

カルディーンの20

レッドファルクスの牝馬。

レッドファルクスはこの世代が初年度産駒だけに、注目を集めます。

シルクのYouTubeで阿部社長もおっしゃっていましたが、

「シルクの初年度産駒は狙い目!」

という事で、リーズナブルなこの馬も超絶人気でしょう!

関西の、高い馬&安い馬

一方、関西のリストを見ると。

ミリオンホースが1頭います。

その馬は…。

ショウナンパンドラの20!

ロードカナロアの牡馬で、所属は高野厩舎

“カナロア × パンドラ“ と聞くと、一瞬アーモンドアイを思い浮かべてしまう…。

アーモンドアイは、“カナロア × フサイチパンドラ” ですね(‘◇’)ゞ

ショウナンパンドラも、ジャパンカップを制した名牝。

その子供たちには、母を越える活躍が期待されます。

ショウナンパンドラの20は、1億円という価格に見合う素晴らしい馬であるはず。

という事で。

この馬も超絶人気でしょう!

関西で一番安いのは、デイトユアドリームの20

トーセンラーの牝馬。

トーセンラーといえばつい先日、産駒が初重賞制覇を遂げましたね。

ザダルエプソムカップV

デイトユアドリームの20の血統を見てびっくり。

ザダルと下記クロスが共通しているのです。

  ◆Mr.Prospector 4 × 4

  ◆Lyphard 5 × 5

きっと、カタログにはこの旨がバッチリ記載されるはず。

それでいてこのお値段…。

超絶人気でしょう!

関東&関西のまとめ

――というわけで。

「関東&関西の、高い馬&安い馬」を見てきたわけですが。

ぜんぶ、

「超絶人気でしょう!」

で締めくくってきました。

ワンパターン…と言われても仕方ありません。

が。

最近のシルクの募集は、いつもこんな感じ。

第一次募集で、全頭満口になるのが当たり前。。。

すべての馬が、超絶人気なのであります(^O^)/

コメント