グレンツェント、橘オープン優勝!8歳馬の活躍に、頭が下がります(^^)

グレンツェントシルクの馬のこと
スポンサーリンク

グレンツェント橘オープンを勝ちました(^O^)!

橘オープン、ベテラン勢の戦い。

橘オープン。

川崎のオープン競走です。

出走条件は、6歳以上の馬であること。

…なんてルールはありません。

でも。

出走馬8頭、みんな6歳以上でした(;’∀’)

年齢の内訳は、若い順に以下の通り。

6歳馬 1頭 → トキノパイレーツ

7歳馬 2頭 → サーヒューストン・ジョーストリクトリ

8歳馬 3頭 → グレンツェント・ジョーダンキング・コスモカナディアン

9歳馬 2頭 → アドマイヤゴッド・ザイディックメア

レース名 “橘” の花言葉は、「追憶」だそうです。

追憶。

この年齢の馬たちにふさわしい?花言葉とも言えそう。

なんと8頭みんな、デビュー戦はJRAのレース。

かつて「目指せクラシック!」て感じで走っていたわけです。

――それも今は昔。

の花言葉が「追憶」とは、オツというか何というか…(´ー`)

グレンツェント、上がり最速で優勝。

そんな中!

全盛期ほどの豪脚ではないけれど、グレンツェント上がり最速で優勝

タイムは1:34.7

「おお、芝みたいなタイムじゃん!さすがグレンツェント!」

そう思う方もいるかもしれません。

――が。

マイル戦ならG1級の時計ですけど、橘オープンは1500メートル。

川崎の1500でこのタイムは…優秀、というわけではなさそう(‘◇’)ゞ

でも!

勝ったことに意味がある。

そもそもグレンツェントは、ハデに勝つタイプじゃありません。

闘志をタメてタメて、直線できっちり差す…そんな馬です(^^)v

七夕、願いは叶う。

――そういえば。

すっかり忘れていたけれど、今日は七夕

「グレンツェントが橘オープンを勝ちますように」

日本のどこかに、そんな短冊がぶら下がっていたのかもしれません。

願いが叶ったわけです(^O^)/

「グレンツェントがG1を勝ちますように」

日本のどこかに、そんな短冊がぶら下がっていたとしたら…。

南部杯あたりで、願いが叶うといいナ(*´з`)

コメント