ルペルカーリアの一族

キャロットクラブキャロットの馬のこと

今週デビューするルペルカーリア

その血統は実に華やかで、母シーザリオは日米オークス馬。

半兄エピファネイアリオンディーズは、共に種牡馬として活躍しています。

半姉ロザリンドは、青葉賞馬オーソリティを輩出しました。

モーリスの偉大さはここに書くまでもありません。

そんなルペルカーリアですが、“血はつながっていないけれどとても関係の近いお姉さん”がいました。

その馬には、シーザリオ一族の主戦である福永祐一騎手も騎乗しています。

その牝馬の名は…

ルペルカリア

父タイキシャトル・母ビハインドザマスク。2007年生まれ。

デビュー3戦目から福永騎手を背に4着→3着→2着→2着と好走しますが、結局中央では未勝利に終わり、初勝利は園田で挙げました。

社台レースホース所属だった、ルペルカリア。

この馬の会員だった方たちは、今週デビューするルペルカーリアをどう思うのでしょう。

また福永騎手は、10年前に騎乗したルペルカリアのことを覚えているのでしょうか…

ルペルカリアは残念ながら繁殖には上がれなかったようなので、

◆父ルペルカーリア 母ルペルカリア

という夢の配合は無理です(+_+)

モーリスにタイキシャトル、というのはものすごいマイラーが生まれそうですけどね。

ルペルカーリアには、エピファやリオン同様、種牡馬になるくらいの活躍を期待します!

コメント