バンベルク、デビュー!

キャロットクラブキャロットの馬のこと

バンベルクがデビューします!

バンベルクは、キャロットクラブの馬。

エピファネイア、母ペルレンケッテという血統です。

父も母もキャロットの馬だったという、生粋Our Bloodアワブラ ですね。

先週(10月18日)、京都芝1400メートル戦を除外され、一週スライドしての出走になります。

今週の京都には「芝1200メートル」と「芝1800メートル」のレースしかなく、安田隆行厩舎だし1200かなーと思っていたら、その通りでした。

(日曜日に芝1600メートルの新馬戦もあるけど、牝馬限定戦なのでバンベルクは出られません)

バンベルクが出走するのは、10月24日(土曜) 京都5レース。

芝1200メートル、17頭立て。

除外馬は一頭もなし。

先週除外されてせっかく権利を取ったのに…今回のレースは狭き門じゃなかったようです。うーん。

先週バンベルクが除外されたレース、除外馬はもう一頭だけいたんですが、そのサウンドブライアンも同じレースに出走です。

(そこらへんについては、「バンベルク、痛恨の除外・・・」をご覧下さい)

除外で一週伸びて、好転したことが3つもあります。

①騎手

先週は北村友一騎手での投票でした。

北村騎手は、全国リーディング18位。

勝率 0.097。

そして今回バンベルクに騎乗するのは、川田将雅騎手

川田騎手は、全国リーディング2位

勝率はルメール騎手をも上回る、驚異の 0.285

北村騎手のおよそ3倍だ(^O^)

②馬場

先週だったら重馬場でのレースでしたが、今週はおそらく良馬場で走れそう

“ノーザン生産馬は重馬場だと云々うんぬん” みたいな意見もあったりするので、良馬場で走るに越したことはありません。

③相手関係

矢作厩舎や友道厩舎など、リーディング上位厩舎のライバルがいません

バンベルクの安田隆行厩舎は、関西リーディング3位。

今回の出走馬の厩舎でいうと、ザベストデイを出走させる昆厩舎(関西リーディング23位)、トップザビルの武幸四郎厩舎(同24位)が目立つくらい。

なんといっても安田厩舎は昨年の全国リーディングトレーナーですし、厩舎力の高さは折り紙つきです!

“エピファネイア産駒で1200メートル??”みたいな印象もありますが、産駒の傾向はある時を境に変わったりするもの。

先週エピファ産駒のデアリングタクトが歴史的偉業(牝馬無敗三冠)を達成したので、それが転換点かもしれません。

「エピファは短距離も強い」と唸らせるくらいの快走を期待しましょう!

がんばれバンベルク!

現地観戦の方は、バンベルクが圧勝しても「ヨッシャー!」と叫んではダメですよ。

大声禁止。コロナ対策です。

……。

的場厩舎の「ヨッシャー」を応援したい人は、心の中で叫ぶしかないですね。

いろんな意味で、早くコロナが収束してほしい(-_-)

  ※上記 リーディングや勝率等の数字は、10月22日時点のものです。

コメント