クリソベリル、JBCクラシック制覇!これで国内8戦8勝

キャロットクラブキャロットの馬のこと

クリソベリルがJBCクラシックを勝ちました!

余裕しゃくしゃくの追走から、前をゆくチュウワウィザードをとらえ、後ろからくるオメガパフュームを突き放す…まさに完勝でした。

これで通算成績は9戦8勝。

国内に限ると、驚異の8戦8勝です!

アーモンドアイの八冠も大記録ですが、クリソベリルの国内8戦8勝というのもすごい。

勝率に関して言えば、あのアーモンドアイを上回っています。

ただ、アーモンドアイは国外(ドバイ)でもG1を勝利。

クリソベリルはサウジカップ(7着)の後にドバイワールドカップを走る予定でしたが、無念の開催中止…戦うことすらできませんでした。

来年は、まずサウジで雪辱を果たしてほしい!

そして、返す刀でドバイワールドカップを制してほしい!

クリソベリルは、それができる器です。

まずはこの後チャンピオンズカップ連覇を果たし、第2回サウジカップにそなえてほしいですね(^O^)

ところで、8戦8勝といえば…

マル外のスーパーカーが思い浮かびます。

マルゼンスキー。

2着につけた合計着差は61馬身だとか…マジでバケモノです。

ただ、毎回大差勝ちだったかというとそうではなく、府中3歳ステークスなどはハナ差の辛勝でした。

なおさら「他のレースでメチャクチャな着差をつけたんだな…」と唸らされます。

そんなマルゼンスキーですが、ダービーは出走できず。(当時は持ち込み馬がダービーに出走できない時代でした)

かの有名な言葉、

「枠は大外でいい。他の馬の邪魔はしない。賞金もいらないから走らせてくれ」

ただ純粋に、マルゼンスキーの能力を示したい…そんな心の叫びでした(:_;)

さて、最強ダート馬クリソベリルは、マルゼンスキーのような名言を残すでしょうか。

「枠はどこでもいい。他の馬は邪魔じゃない。賞金もいらな…」

待て待て!サウジカップの賞金はもらっておこうよ!(約10億円(◎_◎;)

コメント