キャロット2021募集馬、所属厩舎が判明! パルティトゥーラが堀厩舎って…。

キャロット2021キャロットクラブ

キャロット2021募集馬、カタログpdfと動画が公開されました!

名牝の仔が、あの厩舎に

それと同時に。

どこの厩舎に入るのかも判明したわけです。

「ヘェ、この馬がこの厩舎に…」

「ホォ、あの馬があの厩舎に…」

リストを見ていくと、そういう馬がたくさん。

例えば。

ラドラーダの20は、栗田徹厩舎

栗田先生はアライバルを管理していますが、ラドラーダの仔がここに入るとは…ちょっと意外です。

ラドラーダ初の牝馬なので、いろいろフレッシュな気持ちで!ということかな。

栗田先生も期待と信頼に応えるべく、背筋が伸びる思いでしょうね。

シーザリオの20は、国枝栄厩舎

こっちが国枝先生だったか!と思いました。

個人的には、なんとなくラドラーダの方が国枝先生っぽい気がしてたので…。

でも。

納得といえば納得の厩舎です!

NF天栄と共に、新たな名牝を作り上げていくことでしょう。

パルティトゥーラの仔が、堀厩舎に

個人的には。

「ヒィ、この馬がこの厩舎に…」

というケースがありました。

パルティトゥーラの20です!

パルティトゥーラ自身は、水色メンコがトレードマークの和田正一郎厩舎所属でしたが。

パルティトゥーラ
↑ パルティトゥーラの新馬戦。

その子供は、なんと!

堀宣行厩舎!(@_@)

な、なぜ堀厩舎に…?

ちょっと考えました。

パルティトゥーラの20の父親は、サトノクラウン

サトノクラウンを管理していたのが堀先生だったので、そういうつながりでしょうか。

参っちゃいます(‘◇’)ゞ

…何が参るかって?

そりゃ、堀厩舎だと大人気になってしまうからです!

一般では、まずムリ。

最優先でも、バツがないとムリ。

堀厩舎の馬は、毎年そんな感じ。。。

パルティトゥーラは母馬優先アワブラですが、母馬優先の一般じゃぁ厳しいでしょうね。

下手したら、母馬優先 + 最優先でも、抽選になるかもしれない。

それくらい、グッドルッキング。

そして、リーズナブル。

牡馬で2800万円です。一口7万円。

間違いなく、争奪戦になってしまう(^-^;

分散せよ、最優先

――でも、“リーズナブル“ という点で言うと。

今年は 2000万円 ~ 4000万円 くらいの馬が多い気がします。

「安ッ!」

あるいは、

「高ッ!」

という馬が少なくて、中くらいの価格帯がたくさんラインナップされている印象。

なので。

自分が狙っている馬がその価格帯だと、

「このお値段だし、大人気になっちゃうだろうなぁ…」

と過剰に心配になってしまうでしょうが、ご安心を。

リーズナブルな馬は、他にもいっぱいいるわけです!

だから、狙いは分散するんじゃないかナー。

…。

……。

希望的観測に過ぎないのは、重々承知しております…_(._.)_

新規開業ワーイ

さて。

シルクにはいなかった「新規開業」の募集馬が、キャロットにはおります。

関東馬、募集№25番。

シンハディーパの20です。

「新規開業」の4文字が、「蛯名正義」に見えたのは私だけでしょうか(^O^)/

コメント