【キャロット追加募集】 ラフィエスタの19 について

キャロットクラブキャロット募集馬の検討

キャロット追加募集、ラフィエスタの19についてです!

ラフィエスタの19

父:ドレフォン

母父:スペシャルウィーク

ドレフォン。2013年生まれ。

アメリカのダートスプリンター。

母父 スペシャルウィーク。1995年生まれ。

日本のステイヤー。

5代までにクロスなし

そりゃそうだろう、て感じです(^-^)

“ドレフォン × スペシャルウィーク“ という配合。

ベストな舞台はどこなのか…。

早ければ、数か月後には答えが出ることになります。

なにせ、「早々の入厩を考えていくつもりでいます」と奥村武師が口にするくらい、調整が進んでいる。

「ダートが良いのは間違いなさそう」とのコメントもあるので、スペシャルウィーク色よりもドレフォン色が濃いのかな。

――とはいえスペシャルウィーク産駒も、ゴルトブリッツローマンレジェンドなど、ダートの活躍馬は結構います。

ていうか、本馬の近親にゴルトブリッツがいたのだった。

やっぱり、ラフィエスタの19の活躍の場はダートになるぽい(^O^)/

動画を見ての感想

4/12の動画を見ての感想は…。

常歩は実に雄大。

すでに馬体が500kgくらいあるし、一歩一歩がデカいのです。

坂路では併せ馬を実施…のはずが。

どうもラフィエスタの19の手応えがバツグンすぎて、並走2騎を置き去りにしちゃった印象。

後で時計を聞いて、「そんなタイム出てたの??」と驚くタイプの馬かもしれません。

なんか、楽々ハロン14秒台を叩き出しているように見えます。

そして4/19の動画を見ての感想は…。

やはり、ホレボレするような常歩。

そのくせ顔はかわいい。これは出資したくなります(*’▽’)

坂路調教では、スタートするや徐々に並走馬へのアドバンテージを広げて行き、カーブを曲がった頃にはその差は決定的。

先行してそのまま押し切る…そんなダートでの超安心なレースぶりが目に浮かびます。

やはり、出資したくなります(*’▽’)

さて。

ひと昔前までは、「関東のダート牝馬」というのは敬遠されがちでした。

入厩直前まで売れ残り、最終的になんとか満口になった…みたいな馬もいたりした。

本馬は、関東のダート牝馬。

なので、比較的出資はしやすいかというと…。

んなわけない。

めちゃくちゃ人気するでしょう(^O^)/

もはや、「様子見」なんて死語デス(*_*)

コメント