キャロットクラブ、キング・オブ・アワーブラッド2020

キャロットクラブキャロット募集馬の検討

キャロットクラブ、2020年1歳募集馬は全部で92頭。

この中から「キング・オブ・アワブラ(King of Our Blood)」を勝手に決めたいと思います。(あくまで、勝手に決めるものですので御了承を…)

まずはその条件から。

①父馬がキャロット所属であったこと。

②母馬もキャロット所属であったこと。

この二条件だけで、92頭 → 6頭 になります。

◆父エピファネイア、母馬もキャロット所属 → 18・19・20・63・64

◆父リオンディーズ、母馬もキャロット所属 → 44

                  ※数字は、募集番号です。

さて、上記6頭の中からキング・オブ・アワブラ2020が決まります。さらなる条件を加えて絞り込みましょう。その条件とは…

③祖母もキャロット所属であったこと。

この条件をクリアしたのは、以下の2頭でした。

◆募集番号19  父エピファネイア、母オリエンタルポピー、祖母トールポピー

◆募集番号44  父リオンディーズ、母ロスヴァイセ、祖母ヴァイスハイト

シーザリオとトールポピーに出資していた人は、「オリエンタルポピーの19の、親」と言ってもさしつかえないでしょう。

同様に、シーザリオとヴァイスハイトに出資していた人は、「ロスヴァイセの19の、親」と言えます。

(ていうか、シーザリオ 偉大すぎ(*^▽^*))

上記2頭は、いずれもキャロット色の超濃厚な馬です。優劣などつけられません。

でも、2頭の同着というのはちょっとアレなので、判断をしたいと思います。

キング・オブ・アワブラ2020は………

ロスヴァイセの19!!!

理由は、牡馬だから。

つまり、クイーン・オブ・アワブラ2020に輝いたのが、

オリエンタルポピーの19!!!

上記2頭が、どういう競走生活を送るのか…楽しみです(=^・^=)

2020 8/30 ノーザンのーと

コメント