有馬記念クロノジェネシスV! 母クロノロジストは名牝に

有馬レースのこと

有馬記念はクロノジェネシスが優勝!

“宝塚記念 → 有馬記念“ のグランプリ連覇を達成しました。

昨年のリスグラシューに続き、牝馬による快挙です!(^-^)

牝馬による快挙

「牝馬による快挙? 大レースを牝馬が勝つのは、もはや快挙とは言わないのでは??」

そんな声も聞こえてきそうな、昨今の競馬界。

じっさい、今年は(今年も?)牝馬の活躍が目覚ましかった。

ラッキーライラックは大阪杯とエリザベス女王杯を勝ち、ノームコアは札幌記念と香港カップを制覇。

グランアレグリアは短距離戦線を席捲し、アーモンドアイは史上初の9冠馬に…。

最優秀3歳牝馬デアリングタクト最優秀短距離馬グランアレグリアで当確として。

最優秀4歳以上牝馬の座には、どの馬が輝くのか――

やっぱり、アーモンドアイでしょうね。

天皇賞秋に加え、ジャパンカップの “三冠馬対決“ を勝ったのが大きい。

でも、G1を2勝したラッキーライラッククロノジェネシスだって、例年ならこのタイトルを獲得できるレベルの馬。

特別賞」をもらえるかな?

グランプリ女王クロノジェネシス

それにしても、クロノジェネシスは強かった。

着差こそあまりつきませんでしたが(2着サラキアにクビ差)、早めに先頭に立つ “王道“ の競馬。

デビューからずっとコンビを組む北村友一騎手の、馬への信頼感が伝わってくるようなレースでした。

クロノジェネシス陣営の皆様、おめでとうございました(^-^)!

当ブログでは、12/24に有馬記念について書きましたが、そこではクロノジェネシスを推していました。

「新たな記録が次々と生まれる今年は、クロノジェネシスこそが勝ち馬にふさわしい」という記事。

(↑詳細は、「有馬の枠順決まる!あの馬が勝てば、一気に4つの記録達成」をご覧ください)

予言(?)通り、見事に一気に4つの記録が達成されました。

いやー、予言が当たってよかった。

ほんとによかった。

馬券は…。

もっと単勝を買えばよかった、と今さら思っております・・・(‘◇’)ゞ

2020年。キャロットはG1を…

さて、中央競馬の日程はこれで終了。

2020年、キャロットはとうとうG1未勝利で終わってしまいました(:_;)。

(※関連記事「2020年もあとわずか。キャロットはG1を勝てるのか??」)

こんな年もあるさ。。。

「いや!ほんとはキャロットはG1勝ってる!!」

…いったい誰ですか、そんなことを言いだすのは?

「ほんとはキャロットは、春秋グランプリと香港カップを勝ってる!!」

グランプリってことは宝塚と有馬? それって、クロノジェネシスノームコアのことですか?

「クロノロジストは、キャロットの馬だった!!!」

クロノロジスト…あぁ、クロノジェネシスとノームコアのお母さんですね。確かにキャロット所属でしたけど。

「キャロットで募集されていたら、母馬優先でゼッタイ出資していた!!!!」

…そうですよね。。。(‘Д’)

「だから、うぅ、キャロットは、G1を(;_;)、勝ってる!!!!!」

…涙をふいてください。主張は、わからんでもないです。来年は、きっとキャロットはキッチリG1を勝ちますヨ!

「……」

――まぁでも、クロノジェネシスとノームコアもたくさんG1勝つかもだけど。

「…(;O;)」

コメント