2020年もあとわずか。キャロットはG1を勝てるのか??

有馬キャロットの馬のこと

2020年の競馬も、残すところあとわずか。

時がたつのは早いものです…(”_”)

今年は無観客競馬の期間もあったし、例年以上に「アッという間」という気がするのかもしれません。

泣いても笑っても、中央競馬は今週末の土日でおしまい!

有馬記念ウィークの焦り

「エッ?土日で終わり!?ちょ、ちょっと待ってくれヨ!」

そんな声をあげるのは誰でしょう。

もっとたくさん馬券を買いたい人?

もっとたくさん競馬を見たい人?

「あと2日しかないなんて、ヤバイヤバイヤバイ!」

一体誰なんでしょう、そんなに焦っている人は――あっ。あなたは!

キャロットさんでしたか。なるほど。

どうしてそんなに焦っているのか、当ててみましょうか。

ズバリ、「2020年の中央G1勝利が まだないから」でしょう!

――どうやら図星のようですね。

クリソベリルこそ帝王賞JBCクラシックを勝っているものの、残念ながら「G1」ではありません。(両レースとも、Jpn1です)

2019年はすごかったのに…

  ・サートゥルナーリア(皐月賞)

  ・メールドグラース(コーフィールドC)

  ・クリソベリル(チャンピオンズC)

  ・レシステンシア(阪神ジュベナイルフィリーズ)

  ・リスグラシュー(宝塚記念・コックスフィールド・有馬記念)

昨年の反動なのか何なのか、なんと今年はキャロットの中央G1勝利がゼロなのです。

          (↑今年はシルク&サンデーがすごすぎるから、というウワサも…)

でも大丈夫。

まだ2日ある。

というか、G1はまだ3レースあります!

以下、1レースずつ勝てる可能性を検証します。

見せてくれ、キャロットの底力

①有馬記念

一年を締めくくる大一番。ふだん競馬をやらない人でも知っている、年末の風物詩。

たとえG1勝ちが有馬記念1つだけでも、「終わり良ければすべて良し」です。

さぁ!昨年のリスグラシューに続き、今年もキャロットの勝負服が大団円を飾る!

――飾れません。キャロットの馬は、エントリーすら ないので(:_;)

②中山大障害

厳密にはG1ではなく「J・G1」ですが、中央のG1として話をすすめます。

このレースには、キャロットからケイブルグラムが出走を予定。

いやー、ケイブル。果敢な挑戦です!

ルージュバックの半弟にして、平地の勝利はダート長距離のみ(3勝)。

障害入り後、初勝利にはじつに9戦を要しました。

昇級初戦の阪神ジャンプSは2着と健闘し、馬の状態も良いらしい。だけど、「新潟」と「中京」の障害しか跳んだことがありません。

「中山へスクーリングしに行く」と先週の公式コメントにありましたが…

大竹柵を見て、「これをボクが跳ぶのかよ…」などと絶句していなければよいナ。

正直、中山のハードな障害に立ち向かう姿を想像するだけで、涙が出そうです。

落馬せずに完走してくれたら、泣きます。嬉しくて( ;∀;)

――出走するからには、勝つつもりでいたい。けど。

③ホープフルS

キャロットからは2頭が出走予定。

まずはオーソクレース

父エピファネイア・母マリアライトという、Our Bloodアワブラ の結晶です。

鞍上はルメール。めちゃくちゃ心強い。

というのも、「勝てばG1年間9勝達成」だから。

オーソクレースで達成してくれそうな気がします!!

もう1頭はシュヴァリエローズ

前走の萩ステークスはなかなか強かった。人気はオーソクレースに譲るでしょうが、一発を秘めています。

…というわけで、キャロットが2020年のG1を勝つチャンスは、

◆中山大障害のケイブルグラム

◆ホープフルSの オーソクレース&シュヴァリエローズ

彼らに託されました。

オーソクレース&シュヴァリエローズは「ホープフル」だけに、大きな期待をかけても大丈夫でしょう!

ケイブルグラムには、「斤量63キロ」にプラスして大きな期待を背負わせることになりますが、大丈夫でしょう…きっと!!

コメント