有馬の枠順決まる! あの馬が勝てば、一気に4つの記録達成

有馬レースのこと

有馬記念の枠順が決まりました!

逃げ馬バビットが最内1枠1番

ジャパンカップで大逃げをうったキセキ3枠6番

この2頭の出方がレースのカギをにぎります。

ファン投票1位のクロノジェネシス5枠9番

シルクのオーソリティ6枠12番

古馬の牡馬代表格のフィエールマン7枠13番

内・外、まんべんなく有力馬が配された印象です。

発走は、12月27日 15時25分。

「今から予想ダ!」という方も多いと思いますが、予想ツールとしてこんなものがあるのをご存じでしょうか。

有馬記念スペシャル出馬表

JRAのホームページには、有馬記念「スペシャル出馬表」というものがあります。

一見ふつうの出馬表のようですが、下記3つの映像を見ることができるスグレモノ。

  ・調教

  ・パドック

  ・レース

近3走に限定されますが、予想の役にたつこと間違いなし。

G1の時にだけ現れる、まさにスペシャルな出馬表です。

調教に関しては、とれたてホヤホヤの映像も見ることができます。

また、各馬の詳細を見ることもできるので便利。

名前欄の下部にある「+データ」というところをクリックすると、

  ・父の産駒の、過去10年の有馬記念成績

  ・母のデータ

  ・母父の、過去20年の有馬記念成績

  ・調教師の、過去10年の有馬記念成績

  ・騎手の、過去10年の有馬記念成績

これらが表示されます。例として、フィエールマンを見てみましょう。

フィエールマンのスペシャル出馬表

フィエールマンのスペシャル出馬表を見ると――

◆父:ディープインパクト

ディープ産駒は、2016年サトノダイヤモンド・2014年ジェンティルドンナの2頭が有馬記念制覇。

2013年にはダノンバラード(15着)の名前も…懐かしい。

◆母:リュヌドール

表示されるのは、2004年のジャパンカップに出走した際の写真。

光の加減でしょうか、なんだかキタサンみたいな勝負服に見えます。気のせい、でしょう(^-^)

◆母の父:Green Tune

母父Green Tuneの馬は、過去に有馬記念4着がある…って、昨年のフィエールマンです。

◆調教師:手塚貴久

手塚師も過去に有馬記念4着が…って、これも昨年のフィエールマン。

◆騎手:C.ルメール

2019年アーモンドアイこそ9着だったものの、2018年レイデオロ(2着)、2017年クイーンズリング(2着)、そして2016年サトノダイヤモンド(1着)。

さすがルメさん、といったところ。

  

――このように、スペシャル出馬表を見ることで

「この種牡馬の有馬の成績は?」とか、

「この調教師は有馬を勝ったことあったっけ?」

みたいな疑問を解消することができます。

そうやって全馬のスペシャル出馬表を見ていたところ…

驚愕の事実が。

クロノジェネシスのスペシャル出馬表

人気を集めるであろう、クロノジェネシス

彼女のスペシャル出馬表を見て、驚きました。

まさか、こんなことが。。。

◆父:バゴ

バゴ産駒の有馬記念成績:出走なし

◆母の父:クロフネ

過去20年の「母の父:クロフネ」の馬の有馬記念成績:出走なし

◆調教師:斉藤崇史

過去10年の有馬記念成績:管理馬の出走なし

◆騎手:北村友一

過去10年の有馬記念成績:騎乗なし(有馬記念 初騎乗)

見事に初物づくしです(‘Д’)

大丈夫だろうか、と少し心配をしてしまう。

でも!

今年は様々な記録が生まれた年です。

クロノジェネシスが勝てば、

「バゴ産駒、有馬初勝利!」

「母父クロフネ、有馬初勝利!」

「斉藤師、有馬初勝利!」

「友一、有馬初勝利!」

このように、4つの記録がいっぺんに達成されることになります。

なんか、これしかない気がしてきた(‘◇’)ゞ

コメント