2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ。2週目-① 「静かなる庭園」編

エリ女東京競馬場で観戦

先週同様、今週も東京競馬場に行ってきました。

二週連続でスマートシートが当たったのです。ラッキー(^^)

日付

  ◆2020年11月15日(日曜日)

先週の失敗を踏まえ、スムーズな入場を

入場に必要な三種の神器(スマホ・免許・マスク)を忘れることなく、東京競馬場に到着。

指定席窓口でQRコードと免許を提示し、下記3点を受け取ります。

  ・入場券

  ・リストバンド

  ・非接触キーホルダー

先週はリストバンドを自力でつけようとして、1分ちかくロスしてしまいました。

なので今週は、ハナからJRAのスタッフさんに「オネガイシマース」と装着をして頂くことに。   ※↑リストバンド装着の為に、入り口近くに待機しているのです。

一瞬で完了。

「なんでも自分でやろうとせず、頼れる時は人に頼ろう」と思いました。

考えてみれば、馬だって自分で腹オビをしめたりしません。毎回、厩舎の人にやってもらっている。

「もう古馬なんだからサ、腹オビくらい自分でつけようヨ…」

そんなことを言う厩務員はいません。たぶん。

場内のしずかな風景

第1レース。

三番人気のイツカハシャチョウが2着。平常時だったら、「しゃちょおー!」と叫ぶ人がたくさんいたことでしょう。今日は静かでした。

第2レース。

1レースに続いて人気サイドの決着。当たった人がたくさんいるだろうに、「ヨシッ!」とか「トッタ!」の声もなく、静か。

皆さん、コロナ禍の観戦様式をキチンと守っていらっしゃいます。

第3レース。

パドックを見ると、どうも一番人気のゼローソで固そう。基本的に私は穴党なので、このレースは見送りにします。

そのかわり、下記写真を撮りました。

ターフィーひっくり返る2
ひっくり返りターフィー

ターフィー、今週も元気にひっくり返っています。今後もずっと、ひっくり返ってるのかな

※「2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ-③ ターフィーひっくり返る!編」参照(^-^)

場内の、さらにしずかな風景

第4レース。

ディープ産駒、関西馬、一番人気。エイスオーシャンでガチガチぽい。このレースも見送りかな…。

パドックを後にした私は、先週行かなかった場所へ向かいました。

オッズ板の裏側にある、日本庭園です。

平常時でも人の少ないエリア。

どんな様子か行ってみると…グアグア、ボチャン

日本庭園
グアグアグア

カルガモたちを驚かせてしまいました(‘◇’)ゞ

岩の上でくつろいでいたのに、知らずに私が近づいたものだから、グアグア文句を言いながらボチャンと水の上へ。

わるいことをした。

昼飯用に持ってきたパンを少しちぎってあげようか…とも思いましたが、ああ、もうすぐ4レースのスタート時間だ。

また今度なんか持ってくるからナ、と逃げるようにスタンドへ。

パンが惜しかったわけじゃ、ない(*’▽’)

さて、午前中は静かな感じでした。

しかし、午後はちょっと様子が変わる。

あの人とあの人が仲良く歩いていた…?

次回、「2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ。2週目-② 「困りもののコーヒー」編」へ続きます(^O^)

コメント