名古屋の大一番、東海菊花賞!コバルトウィングは吉原騎手で出走

シルクシルクの馬のこと
スポンサーリンク

コバルトウィングが、東海菊花賞に出走します(^O^)/

現在4連勝中!コバルトウィング

コバルトウィングは、シルクの5歳セン馬。

デビューはJRA、その後大井へ。

そして今回、初めて名古屋で走ります!

名古屋城
 ※写真は名古屋城です。

4歳時までは、抜群の手応えで直線に向かうも「アレレ…」というようなレースをすることもあったけれど。

5歳になると、今までのツメの甘さはどこへやら!

怒涛の4連勝を飾ります(^^)v

コバルト自身もようやく本格化し、長距離ダートのリズムをつかんだことが勝因でしょうか。

当初は大井のダート2000m戦(トパーズ賞)を予定していましたが、東海菊花賞に登録したところ選出されたため、こちらに向かうことになりました。

トパーズ賞(11/3)の1着賞金は、500万円でしたが。

東海菊花賞(11/11)の1着賞金は、800万円

東海菊花賞の格付は「SP1」。

これと同じ格のレースには、東海桜花賞東海ダービーなどがあります。

1着賞金は、前者が800万円、後者が900万円。

賞金額からも、東海菊花賞が重要なレースであることがわかりますね(^^♪

東海菊花賞、強力なメンバー

名古屋の重要レース、東海菊花賞。

当然、手強いメンバーがそろいます。

◆ウインユニファイド

中央にいた頃は、クリンチャーを下してオープン勝ち。

地方移籍後も、安定感抜群の成績。

10歳馬だけど、人気になるでしょう。

◆ブンブンマル

すでに10勝を挙げている4歳馬。

3走前にはウインユニファイドを置き去りにしました。

まだ底を見せていないだけに、とても怖い一頭です。

◆ナムラアラシ

中央にいた頃は、オープン特別2連勝を飾ったり、重賞で入着したりしていました。

前走で久々に勝ち星を挙げ、衰えのないことを証明。

一発がありそう。

他にも、昨年の覇者ナムラマホーホ、東海ダービー馬タニノタビトなど、豪華な顔ぶれがズラリ。

東海菊花賞、絶対に見逃せない一戦です(◎_◎;)

菊花賞
 ※写真は、中央の菊花賞の日。

吉原騎手を背に、頑張れ!コバルトウィング

コバルトウィングは、7月以来の出走。

ミッドウェイファームで調整され、状態的には整っています。

シルクのコメントは、

今回は重賞にチャレンジさせていただくことになり、初めの競馬場ですし結果を残すことは簡単ではないと思いますが、自分の力を発揮できれば良い勝負になるはずですから頑張ってもらいたいですね。

とのこと。

ほんと、頑張ってもらいたいです(^-^)

コバルトの鞍上は、吉原寛人騎手。

勝率がメチャ高く、JRAの川田騎手を上回るほどです。

※勝率:吉原騎手→29.2%。川田騎手→27.5%。

現在4連勝中!

鞍上は名手!

ということで、コバルトも人気になる…かも。

頑張れコバルトウィング!

ここを勝てば、菊花賞馬だ(^O^)/

…いや!

東海菊花賞馬だ!

※関連記事:コバルトウィング、東海菊花賞V!これで5連勝、完全に本格化(^^)

コメント