アロマデローサ、ファンタジーSに登場!目指せ、2歳牝馬戦線の主役

シルクシルクの馬のこと
スポンサーリンク

今度の週末は、G1はありません。が。

私にとっては、G1以上に楽しみなレースがあります。

そのレースとは…。

アロマデローサが出走する、ファンタジーS(^O^)/

福永騎手も絶賛!アロマデローサ

シルクの2歳牝馬、アロマデローサ。

新馬戦と ききょうSを連勝し、現在2戦2勝です。

好位から抜け出して完勝した新馬戦も強かったけれど。

2戦目のききょうSでは、レコード勝ち!

福永騎手も絶賛するほどの内容でした(^-^)

新馬 → 特別を連勝して、注目度も当然アップ!

シルクの会報誌『SILHOUETTE』10月号の表紙を飾りました。

アロマデローサ
SILHOUETTE10月号。表紙はアロマデローサ!

冒頭の文章を抜粋しますと…。

「最後まで集中力を切らすことはなかったです。直線で追い出すと、反応よく伸びてくれましたし、全てにおいて完璧なレースでした。現時点では注文を付けるところがなく、優秀な馬だと思います」。

はたしてこれ以上の称賛はあるのか。そう思うほど、福永祐一騎手のコメントに、自然と笑みがこぼれた方も多かったのでは。

おっしゃる通り!

ユーイチさんのコメントに笑みがこぼれました。

親バカ出資者(私です)は、定期的に ききょうSのレース映像を見てはニヤニヤしています(*´з`)

アルテミスS、ラヴェルとリバティアイランド

完成度の高さをまざまざと見せつけた、アロマデローサ。

「もしかして、2歳牝馬で一番強いのでは…?」

親バカ出資者(私です)は、そんなふうに思っていたのですが。

10月29日(土曜日)のアルテミスSで、強力なライバル候補が現れました。

それも1頭だけじゃない。

2頭も!(@_@)

まず1頭目は。

アルテミスSを勝ったラヴェル

キャロットのキタサンブラック産駒。

矢作厩舎の素質馬が、上がり最速で駆け抜けて2戦2勝としました。

鞍上の坂井瑠星騎手は「バネがあって身体能力の高い馬」とコメントしており、暮れのG1に向けて手応え十分といったところ。

――そして、2頭目は。

2着だったリバティアイランド。

サンデーのドゥラメンテ産駒。

中内田厩舎の期待馬が、「負けて強し」の競馬で勝ち馬を猛追しました。

川田騎手も、本番へ向けて牙をといでいるはず。

上記の2頭、アルテミスSでの着差はクビ。

能力は互角かな。

仕掛けのタイミング次第では、着順が入れ替わっていたかもしれません。

ラヴェルとリバティアイランド。

2頭とも優れたパフォーマンスを見せました。

阪神ジュヴェナイルフィリーズでも人気を集めることでしょう。

目指せ3戦3勝!ファンタジーS

だんだん役者がそろってきた、2歳牝馬戦線。

アロマデローサも負けていられない!(‘ω’)ノ

薔薇

ファンタジーSの1番人気は、まず間違いなくアロマデローサ。

同厩(池添学厩舎)のブトンドールや、アロマデローサと2回走って2戦とも2着のクインズエルサあたりが印を集めるでしょうか。

ここを鮮やかに勝って、3戦3勝で本番へ向かいたいものです!

コメント