出資馬 VS もと出資馬! コバルトウィングの強敵は…まさかのマスカテル

シルクシルクの馬のこと
スポンサーリンク

5月4日(水曜日)の船橋8レースは、シャクヤク2200。

ここに、シルクの出資馬コバルトウィングが出走するのですが。

彼の強敵となりそうなのが、なんと!アノ馬とは…(◎_◎;)

コバルトウィング VS マスカテル

コバルトウィングのライバル。

その名前は…。

マスカテル!

いやー、なんということでしょう(´ー`)

コバルトウィングがマスカテルと対決することになるなんて…。

デアリングタクト VS ソダシ のヴィクトリアマイルなら、見逃せない対決だけど」

コバルトウィング VS マスカテル のシャクヤク2200? うーん…正直、興味ないッス」

とおっしゃる方も、まぁ聞いてください_(._.)_

そもそも。

コバルトウィングもマスカテルも、シルク所属でJRAデビューの5歳馬。

それが、巡りに巡って船橋で邂逅かいこうするとは…。

そのいきさつを以下に書きたいと思います(^-^)

シルクのファンド継続と、ファンド終了

――まず。

コバルトウィングは、2歳時に札幌ダートでデビュー(3着)。

そして。

2戦目の中山ダートを圧勝!(^O^)/

こりゃぁ、大きいところも狙えるのでは!と期待がふくらみました。

が。

その後は善戦止まり…。

適鞍を求めて、シルクのファンド継続のまま、3歳春に大井へ移籍。

京盃杯2着などを経て、ベストの条件が2200m戦にあることが最近ようやく判明しました。

一方、マスカテル。

2歳時に小倉芝でデビューするも、大敗。

その後はダートに矛先を向けると、なんとか掲示板には載るけれど、勝ち切るまではちょっと…という競馬を続けます。

3歳未勝利戦が終了し、引退を覚悟していたところ。

まさかの「障害入り」で現役続行!

しかし。障害でも、やっぱり勝ちきれない…。

2021年5月の障害戦6着をもって、JRAから登録抹消されました( ;∀;)

ここでシルクのファンドは解散。

サラブレッドオークションにより、新しい馬主さんのところへ…。

マスカテルの出資者としては、「新天地で頑張ってくれヨ…」という思いでした。

船橋で巡り合う、出資馬 & もと出資馬

JRA → 大井 となった、コバルトウィング。

JRA → 船橋 となった、マスカテル。

ノーザンファームで産声を上げた2頭が…。

それぞれ研鑽を積み、各々の戦績を重ねて…。

2022年5月4日の船橋8レース、シャクヤク2200で巡り合うわけです!

いやー、感慨深い!(*´з`)

…感慨深い、けれども。

嬉しいか、というと…正直、あんまり嬉しくはありません。

というのも。

出資馬コバルトウィングよりも、もと出資馬マスカテルの方が人気になりそうだから(^-^;

コバルトは直近のレースこそ1着ですが、その前は1番人気を裏切って9着になるなど、あんまりアテにできない面もあります。

一方のマスカテルは…5走連続で馬券になっている!

「1着 → 1着 → 3着 → 3着 → 1着」という成績は、安定感抜群!

人気を集めることでしょう。

「地方に行ってもガンバレ」とエールを送ったマスカテルですが。

出資馬コバルトウィングと同じレースで競うことになるとは、思ってもみなかった(*_*;

わるいけど、シャクヤク2200では…。

コバルトウィングを応援させて頂きます(^O^)/

※関連記事:2022年、シルク出資馬の初勝利は…船橋!コバルトウィング

※関連記事:がんばるマスカテル

※関連記事:マスカテル、待望の初勝利は…「三密」避けて三浦へ!賞(^-^)

コメント