シルクの出資馬が、「もと」出資馬と対決。その結果は…。コバルトウィング VS マスカテル

シルクシルクの馬のこと
スポンサーリンク

5月4日の船橋8レース、シャクヤク2200。

コバルトウィングが、1番人気にこたえて優勝しました(^O^)/

コバルトウィング、通算4勝目!

レース途中からハナを奪うと、最後まで先頭をゆずることなくゴールイン!

直線では2着馬スプリットロックが猛追してきましたが、根性を見せてクビ差しのぎました。

いやー、嬉しい!

シルクの出資馬コバルトウィング、通算4勝目を挙げました。

ここまでの勝ち星を表にしてみます。

 年月日場名 レース名距離 騎手
1勝目2019.9/15中山2歳未勝利1800三浦皇成 
2勝目2021.9/30 船橋 ゼフィランサス2200 2200 森泰斗
3勝目2022.1/11船橋Brilliant Bell22002200森泰斗
4勝目2022.5/4船橋シャクヤク22002200森泰斗

――こうして見ると。

コバルトウィングの、勝利のキーワードは3つ。

船橋・2200・森泰斗!

今後も、この3つのポイントを押さえたレース選択をしていくことでしょう!

ただ。

残念ながら、南関東には2200mの重賞は存在しません。

近い距離の重賞は…2400mのダイオライト記念。

こういう大きなレースに出てくれたら、とっても嬉しい(^-^)

※重賞に出るには、あと何勝すればいいのか?…地方の賞金体系がよくわかってません_(._.)_

敗戦を糧に。がんばれマスカテル

――さて。

勝ったコバルトウィングと明暗を分けたのは、マスカテル。

近走の好調ぶりが評価されて、2番人気に推されたマスカテルでしたが。

勝負どころで後退していってしまい、6着という結果でした。

まぁ、今日のレースはB1とB2の馬が一緒に走るレースだったわけで。

勝ったコバルトは、B1。

マスカテルは、B2。

今日の経験が、次走以降に生きるはずです(*^^)v

というわけで。

がんばれ、マスカテル!

勝ち星を挙げて、またコバルトと一緒に走…。

…。

出資馬と もと出資馬が一緒に走るのは、ちょっと悩ましいものです(^-^;

※関連記事:出資馬 VS もと出資馬!コバルトウィングの強敵は…まさかのマスカテル

コメント