がんばるマスカテル

シルクシルクの馬のこと

マスカテルは2019年8月18日に芝でデビューし、11着。

その後はダート戦を使い続け、2020年9月5日の未勝利戦が実に12戦目

数を多く使えるということは、丈夫であるのはもちろんですが、レースで掲示板によく載ることが求められます。

マスカテルは、丈夫でよく掲示板に載りました。

でも、勝ち馬から差のある5着というのが多かった。なかなか勝ち負けを演じるところまではいかず、はがゆい。

9月5日のレースは、勝てなければ引退という覚悟を持ち、その走りを見ました。結果は。

勝ち馬から差のある3着。

これで12戦目。3着がせいいっぱいという戦績。「引退だな」と思いました。

2~3戦で引退を余儀なくされる馬が多い中、数多く走ってくれてありがとう、と思いました。

最後と思われる情報更新を見るのは普段はとてもイヤですが、覚悟と諦めがあった分、ためらわずにホームページを開きました。そしたら。

ここにきてレース内容が安定してきており、この馬なりに力を付けているので、この後は障害練習を行いたいと考えています。

とのこと。

マスカテル出資者の方々は、この文章を読んだ時どんなリアクションをしたのでしょうか。

安堵?放心?それとも涙?

私は、爆笑しました。

「引退」という予想をまさかこんな形で覆されるとは、ということで笑ってしまったのです。

「やるじゃねえか、シルク。やるじゃねえか、宮本師」

そして。

まだがんばれるか、マスカテル。

レースの終盤に向けてスロットルを吹かしていくお前の走りは、障害で花開くのか。

シルクの偉大な先輩ジャンパー、ブライトクォーツのように、平地未勝利→J・G1出走を夢見て。

がんばれ、マスカテル。

コメント