ルージュバックに3番仔誕生!父はサートゥルナーリア!

ルージュ百日草キャロットの馬のこと
スポンサーリンク

ルージュバックに3番仔が誕生しました!

ルージュバック、3番仔を無事に出産!

このニュース、私はノーザンファームのホームページで知りました。

2月23日の INFORMATION です。

※リンク先はこちら → 2022/2/23ノーザンファームINFORMATION

中距離レースで活躍したルージュバックが黒鹿毛の女の子を出産しました。額の星は両親譲り。お父さんのサートゥルナーリアにとっては初年度産駒にあたります。

ルージュバックの3番仔は、父サートゥルナーリアの女の子!

写真では、お母さんに鼻づらを寄せる仔馬の姿を目にすることができます。

母子ともに健康そうで、ほんとヨカッタ(^O^)/

仔馬の毛色は、黒鹿毛とのこと。

サートゥルナーリアが黒鹿毛だったので、毛色は父親と同じですね。

※ルージュバックは鹿毛。

ただ!

顔は母親譲り!

ルージュバックに似た、凛々しい表情!

…だといいナ(*´з`)

今回公開されている写真では、顔立ちまではよくわかりません。

キャロット『Our Blood ~とびだせ とねっ仔~』のコーナーで紹介されるのを待ちたいと思います(^O^)

サートゥルナーリアの初年度産駒!

このニュース、世間一般的には

「サートゥルナーリアに初仔誕生!」

という受け止め方をされるものと思います。

底を見せぬまま引退した、サートゥルナーリア。

「もうサートゥルの子供が産まれたのか!」

と喜ぶ競馬ファンがたくさんいると思います。

それからしばらくして、

「母は…ルージュバックか!」

と思うのではないでしょうか。

――しかし私にとっては、完全に逆。

このニュースは、

「ルージュバックに3番仔誕生!」

という吉報でした。

何故かと言うと…

ルージュバックの出資者だったから(^O^)/

ルージュバック
ルージュバック。

「今年もルージュが無事に子供を産んでくれてよかった!」

と、喜びと安堵の気持ちです。

それからしばらくして、

「父は…サートゥルナーリアね」

と確認した感じです(^.^)

夢のキャロット血統。これぞOur Blood!

――それにしても。

父サートゥルナーリア、母ルージュバック。

両親ともにキャロット。まさに “Our Blood” です!

この配合で生じるクロスは、サンデーサイレンス 3 × 4。

ルージュバックの初仔ブラーバックは、父ロードカナロアの3歳牝馬なので、だいぶ似た血統構成と言えますね。

残念ながら、ブラーバックは桜花賞には間に合わない模様。

なので。

このたび生まれた3番仔チャンには、母ルージュバックが苦杯をなめた桜花賞をゼヒ勝ってほしい(≧▽≦)

3番仔チャンは、いったいどんな競走馬になるのでしょう…。

両親の成績から、ちょっと夢見てみたいと思います(^-^)

サートゥルナーリアは、G1勝ち鞍が皐月賞。

意外にも、東京競馬場での勝ち星はなし。

※ダービー4着、天皇賞(秋)6着。

一方。

ルージュバックはG1の勲章こそないものの、東京で強い勝ち方を何度も見せてくれました。

百日草特別 1

エプソムカップ 1

毎日王冠 1

――なので。

サートゥルナーリアとルージュバックの子供は…。

両親の良いところを受け継ぎ、父・母のお互いに足りなかったものを補完する…そんな優駿に育ってくれたらいいナ(^O^)/

G1を勝ち切る強さは、父サートゥルナーリア譲り!

東京競馬場での力強い走りは、母ルージュバック譲り!

そんな強い競走馬になってくれたら…。

きっとニックネームがつくことでしょう。

母ルージュバックは、きさらぎ賞を勝った頃は “怪物” とか “天才少女” と呼ばれていましたね。

そんなルージュの子供だから、ニックネームは…。

怪物の娘!

天才少女の娘!

…というのは冗談として(^-^;

とりあえず、今のところは「サートゥルージュ」と呼ばれるような気が、しなくもない(*’▽’)

とにかく無事に、スクスク育つことを願います(^^♪

コメント