アライバル、新潟2歳Sに向けて順調! ペタペタも解消!?

レイデオロキャロットの馬のこと

いよいよ来週、アライバルが新潟2歳ステークスに登場します(^O^)/

新潟にアライバル参戦

6/19にメイクデビュー東京を圧勝したアライバル。

次走は秋かな。サウジアラビアロイヤルC、あるいは東スポ杯2歳Sかな…」

当初はそう思っていたんですが。

私の予想はハズレました。

・8/3 キャロット公式コメントで、新潟2歳ステークスへの参戦を表明

・8/4 ルメール騎手にオファーを出し、オッケーをもらう

トントン拍子に、話がまとまっていきました。

そして、その後のキャロット公式コメントは…。

・8/11 トモがいくらかペタペタたような感じだが、動かしていけば変わるはずなので心配していない

・8/18 我慢がきいた調教ができた。トモを中心に馬体に疲れが出るわけでもない

来週のレースに向けて、良い調整ができているようです(^O^)/

ペタペタって、何

良い調整ができているようです、が。

先週のコメント、 ”トモがペタペタ“ がちょっと気になる。

そもそもペタペタ、とは?(@_@)?

今みたいに暑い時期、馬は運動の後にかなり汗をかきます。

ねぎらいの意味を込めてクビをポンポン優しくたたいてあげると、汗のせいで “ペタペタ“ みたいな音がします。

…って、アライバルのペタペタは、そういうのじゃないですネ(‘◇’)ゞ

うーん、ペタペタ。

キャロットシルクのコメントでも見たことない気が…。

ゴトゴト、コトコト

――ペタペタを考える前に。

他の擬音を考えてみましょう。

◆キャロットの擬音

ルージュバックの妹エリティエールの近況では、よく “ゴトゴト” という表現が使われていました。

やや歩様が硬かったんですね。

エリティエール

ゴトゴト。

ルージュみたいに重賞を勝つことはできませんでしたが、エリちゃんも3勝を挙げてくれました。

ゴトゴトがなければ、もっと出世した…かもしれません。

◆シルクの擬音

ベッラノーヴァは、先週の新潟芝1200メートル戦で4着。

レース後、大きな異常はないものの、歩様が全体的に “コトコト” してしまったそう。

ゴトゴトではなく、コトコト。

ゴトゴトほどではないけれど、スムーズさを欠く…そんなイメージでしょうか。

放牧先のノーザンファーム天栄で、リフレッシュしてきてネ。

ゴトゴト。

コトコト。

いずれも、あまり良い印象はありません。

では、ペタペタは――。

良い印象、ないです(*´з`)

ペタペタを超えて

ペタペタ。

両生類ならともかく、レッキとした哺乳類、それも美しきサラブレッドに使う言葉なのかな…と素人は思っちゃう。

でも。

プロが的確に表現しようとして “ペタペタ” という言葉を選ぶなら、それはきっと “ペタペタ” としか言い様のない状態なのでしょう。

あくまで推測ですが。

「もっとバチッと良い肉がついてくるはず!」

「もっとトモのハマりが良くなってくるはず!」

といった希望を込めて、“ペタペタ” みたいな言い方が出たのかな…と思います。

素人考えなので、ゼンゼン違うかもしれませんが_(._.)_

ともかく!

先週の時点で出た “ペタペタ” というワードは、今週は出なかった。

むしろ、馬体は張りがあっていいなと思える状態」と栗田師が褒めるくらい。

きっと来週は、レース直前だし軽めの調整でしょう。

「唸るくらいの気配でした。かといって過度に昂っているわけでもなく、抑えもきいています」

来週は、そんなコメントが出ることを期待しています(^-^)

コメント