ブラーバック、デビュー! 母ルージュバックの栄光を追いかけて

キャロット2021キャロットの馬のこと
スポンサーリンク

ブラーバックが今週デビューします(^O^)/

ルージュバックの初仔!ブラーバック

ブラーバックの初陣は、2022年1月30日(日曜日)。

東京6レース、芝1800m戦です。

ブラーバックの母は、あの!ルージュバック。

ルージュバック
ルージュバック。

ルージュバックが鮮烈なデビューを飾ったのは、2014年9月のこと。

新潟芝1800m戦を豪快に差し切って、「これは大物!」と注目を集めました。

超スローだったので、叩き出した上がりは32.8秒。

この数字以上にインパクトがあったのは、彼女のフットワークでした。

前脚を高く上げる、独特 & ダイナミックな走法。

ちょっとタダ者じゃないかも…?そんなオーラを漂わせていました(^^♪

――今、あらためてルージュバックの新馬戦の映像を見てみましたが。

いやー、すごい走りっぷり!(^O^)!

地の果てまでも駆け抜けていきそうな、躍動感あふれる姿。

その後の活躍も納得、と言った感じの新馬戦でした。

母ルージュにそっくり!ブラーバック

そんなルージュバックの初仔、ブラーバック。

写真を見ると、パッチリとした目でかわいい顔をしています。

お母さんも凛々しい顔をしていたので、遺伝といえるでしょう!

(…もちろん、父ロードカナロアも良い顔ですが)

調教では、「脚を高く上げ、フォームまでお母さんに似ていますね」大竹師にいわしめるほど。

ただ、併せ馬ではやや他馬を気にする素振りを見せるようなので、レースではあまりゴチャつかないポジションが望ましいかも。

振り返ってみれば、母ルージュの新馬戦は少頭数(9頭立て)の8枠でした。

戸崎騎手が新潟の広い馬場で大外に持ち出し、ゴールまで一文字に駆け抜けたのでした。

ブラーバックの新馬戦は、16頭立て。

枠順は土曜日の昼頃に決まりますが、さて…内か外か?

母同様、新馬戦で8枠をひいたら…単勝たくさん買いたい(^O^)/

――逆に。

内枠をひいた場合…ちょっと心配な気も(;’∀’)

ルメール騎手で出走!ブラーバック

いやいや!

鞍上はルメール騎手だもの!

別に内枠でも大丈夫でしょう!

…という声も聞こえてきそうですが。

シンザン記念のラスール、京成杯のアライバルの騎乗を見ると…う~ん(^-^;

繊細な牝馬は、どっちかと言えば外枠が望ましいのではないかナー。

いやいや!

ラスールやアライバルは重賞だったわけだし!

新馬戦なら、能力の違いで勝つでしょう!

…という声も聞こえてきそうですが。

……。

…。

まずは、枠順の決定を待ちたいと思いまーす(^O^)/

コメント