今年の菊花賞は乱菊? 200万円の追加登録料を払った4頭について

菊花賞レースのこと
スポンサーリンク

今度の日曜メインは、菊花賞。

三冠最終戦です。

令和の乱菊

三冠最終戦、だけど。

皐月賞馬もダービー馬もいません。

皐月賞馬エフフォーリアは、天皇賞(秋)へ…。

ダービー馬シャフリヤールは、ジャパンカップへ…。

春のクラシックホースが不在のため、スポーツ紙には「乱菊」の言葉がおどるかも(”_”)

1番人気は、ステラヴェローチェでしょうか。

不良馬場の神戸新聞杯を勝利。

スタミナが豊富なのは間違いないので、3000mも問題なさそう。

2番人気は、オーソクレースかな。

まだ4戦しかしておらず、[2.1.1.0]と底を見せていません。

フワッとする面を見せることがあるので、ルメール騎手が引き続き乗ってくれるのは心強い。

「フワッとする」というとマイナス要素にも聞こえますが。

「遊びがある」と解釈すれば、3000mも問題なさそう。ガムシャラになるよりはよいですね。

3番人気は…どの馬になるのでしょう(;^_^A

単勝10倍以下が4~5頭ひしめきあうような、そんなオッズになるのでは。

本気度200万円

クラシック最終戦だけに、どの陣営も万全の仕上げで臨むはず。

とはいえ、まだまだ先のある3歳馬。

「菊花賞が最終目標!」

という馬は、正直いないと思います。

ただ、そんな中でも。

「菊花賞に全力投球!」

という馬が。

菊花賞

それも、1頭だけではありません。

なんと4頭も!(@_@)!

その4頭の名前は…。

アサマノイタズラ

ディヴァインラヴ

テーオーロイヤル

ハギノピリナ

なぜ彼ら(彼女ら)が、菊に全力投球かというと――。

追加登録料200万円 を払っての参戦だから(^O^)/

いやー、追加登録馬が4頭もいるとは…。

こんなにたくさんいるのは、ちょっと記憶にありません。

追加登録馬のルックス

――ただ。

追加登録馬は、過去に3勝を挙げているそうです。

2002年 ヒシミラクル

2014年 トーホウジャッカル

2015年 キタサンブラック

3頭とも、強いステイヤー。

また、いずれもルックスが特徴的な馬たちです。

ヒシミラクルは、灰色がかった芦毛。

トーホウジャッカルは、見事な金髪。

そしてキタサンブラックは、シュッとした流星がカッコいい馬でした。

キタサン
キタサン祭り。

――てことは。

追加登録馬で勝つとしたら、際立った容姿の馬なのでは??

今年の追加登録馬4頭の中で、そういう外見の馬を探してみると…。

……。

…。

該当ナシ、でした(^O^)/

みんな、ふつうの鹿毛とか黒鹿毛。

タテガミもふつう。

なので。

追加登録馬たちは、菊花賞に向けての本気度は誰よりも高い!…という結論で(^-^)

ディヴァインラヴ愛

――それにしても。

追加登録馬のディヴァインラヴハギノピリナは、牝馬。

牝馬で菊に追加登録、というのもなかなかすごい(*^^*)

ディヴァインラヴは、父エピファネイア・母父ディープインパクトという血統。

父も母父も、菊花賞を勝っています。

昨年2着のアリストテレスも、この配合ですね。

ディヴァインラヴに乗るのは、福永祐一騎手。

そもそも、菊参戦を進言したのがユーイチさんらしい。

じつに怖い一頭です。

ということで。

現時点での私の菊予想はコチラ ↓

エピファ × ディープ馬券。

オーソクレース × ディヴァインラヴ (^O^)/

コメント