3連勝で朝日杯FSへ!セリフォスは、キャロット・キラー!?

レース風景レースのこと
スポンサーリンク

デイリー杯2歳ステークスを勝ったセリフォス。

これで、デビューから無傷の3連勝です(^O^)/

セリフォス、満を持してG1へ

初めての右回りも問題なく、完勝と言っていい勝ち方でした!

次走は朝日杯FSのようですが、1番人気に支持されそう。

ここまでのレースを見ると、マイルでは実に強い。

将来的には距離を伸ばすかもしれませんが、ダイワメジャー産駒だし、マイルなら相当出世しそうです。

セリフォスは、G1レーシングの馬。

同クラブは、朝日杯FSで久々のG1勝利となるでしょうか。

というのも。

2018年チャンピオンズカップのルヴァンスレーヴ以来、G1を勝っていないので…。

サンデーキャロットシルクは毎年のようにG1を勝つけれど。

G1レーシングは、久しくG1タイトルと縁がない…。

なんとしても、セリフォスで朝日杯FSを勝ちたいところでしょう(^-^)

セリフォスはキャロット・キラー!?

――さて、そのセリフォスですが。

今までのレースを振り返ると、”ある傾向“ が見えてきます。

 レース名 1着 2着
1戦目新馬戦セリフォスベルクレスタ
2戦目 新潟2歳Sセリフォス アライバル
3戦目デイリー杯2歳S セリフォスソネットフレーズ 

ある傾向。それは――

セリフォスは、キャロット・キラー!?

――ということ。

2戦目と3戦目の2着馬は、ともにキャロットの馬なのです…。

新潟2歳Sでは、アライバルを撃破。

デイリー杯2歳Sでは、ソネットフレーズを撃破。

アライバルもソネットフレーズも、クラシックへの期待が高い素質馬です。

そんな期待馬のタイトル奪取を阻止する、セリフォス。

一度だけじゃなく二度もキャロットに先着する、セリフォス。

かつて、「ステイゴールドはゴドルフィンの勝負服を見ると燃える!」みたいなウワサがありました。

ドバイではファンタスティックライトを倒し、香港ではエクラールを撃破。

国内では結局G1を勝てなかったステイゴールドでしたが、世界の大舞台でロイヤルブルーの勝負服の前に立ちふさがったわけです。

それと同じように。

セリフォスは、キャロットの前に立ちふさがる運命…なのかも?

二度あることは三度ある、というし(*´з`)

朝日杯FSの馬券がもう決まった

――もしそうだとしたら。

朝日杯FSの馬券はカンタン。

1着セリフォスの馬単を買う場合、2着にはキャロットの馬を選ぶだけでよいのだから(^.^)

さぁ!

朝日杯FSに出走予定のキャロットは…。

……。

…。

なんか、いないぽい(;O;)

まぁでも!

来年、セリフォスがキャロットの馬と対決する際は、馬券の買い方に注意したいと思います(^O^)/

(個人的には、アライバルがセリフォスに借りを返すところを見たいものですが…)

コメント