キャロットクラブ2020年1歳募集馬、母父のこと

キャロットクラブキャロット募集馬の検討

今年のキャロットの1歳募集馬リストを見て、改めて思ったこと。

「母の父サンデーサイレンス」という馬、3頭。

「まだ3頭もいる」と思うか、「もう3頭しかいない」と思うか・・・

私は、後者です。

母父サンデー、もう3頭しかいないんだ。。。

もちろん、馬産地全体を見れば、母父サンデーサイレンスの1歳馬はまだ相当いるはず。

しかし、キャロットクラブ内の募集馬だけを見ても変遷は明らかです。

10年前の募集馬を見てみましょう。

2010年のキャロット1歳募集馬には、母父サンデーが実に19頭。

全部で87頭の募集だったので、占める割合は驚異の 22%!

およそ5頭に一頭は母父サンデー、という時代でした。

(ちなみに、父シンボリクリスエス・母父サンデーという配合がトレンドだったようで、19頭のうち5頭がこの配合でした)

今年の募集馬、中央所属に限ると87頭ですが、そのうち3頭が母父サンデー。

占める割合は 3.4%・・・

10年もあれば、そりゃ時代は変わります。

トレンドも当然変わる。

10頭近くいる母父ディープインパクト。ベストの配合はロードカナロアか、ハービンジャーか、それともモーリスか・・・

コメント