【キャロット追加募集】アデレードヒルの20。門別所属馬でエーデルワイス賞を獲りに行く

日と馬キャロットクラブ
スポンサーリンク

キャロット 追加募集馬情報がアップされました(^O^)/

キャロット追加募集

4月6日にアップされた、キャロット 追加募集馬情報。

個別の馬を見る前に、まずは電子版カタログを見てみました。

カタログの表紙は、モノトーンで馬の横顔がデザインされており、そこに

THE ADDITIONAL RECRUITMENT

という文字が配置されています。

アディショナルリクルートメント。

なんだか先日のドバイに出走していそうな響きですが、Google翻訳によると

「追加募集」

とのこと。

そのままの意味ですね(‘◇’)ゞ

次のページには、キャロット代表 秋田さん「ごあいさつ」が。

その中で、今回 追加募集となる馬たちについてコメントしてくれています。

秋田さんが最初に取り上げたのは…。

意外なことに、中央所属馬ではなく地方入厩予定馬でした(^-^)

アデレードヒルの20について

地方入厩予定馬 アデレードヒルの20について、秋田さんはこう語っています。

追加募集では初となる地方入厩予定の「アデレードヒルの20」は、やや背は垂れているものの重心が低く安定感は抜群で、父由来の発達した後躯が生み出すスピードには目を見張るものがあります。

「やや背は垂れている」とあるので、どんな馬体か見てみたら。

やや、というか。

結構?背が垂れている印象(^-^;

成長途上で、トモ高というのもあるのかな。

とはいえ。

動画を見ると、やや冬毛が目立つものの、キリッとした表情ですこぶる元気そう。

坂路を駆け上がる映像では、ハロン15秒なら楽々!という感じです。

改めてアデレードヒルの20の近況に目を通してみると、

「5月くらいの入厩を考えていきたい」

「門別ではエーデルワイス賞が目標」

とのこと。

エーデルワイス賞。

10月20日(木曜日)に門別競馬場で行われる、牝馬限定のダート1200m戦です。

1着賞金は、2,000万円とかなり高額!

ここ数年はJRA勢が苦戦している印象があるレースなので、門別所属で狙いに行くのは正解かもしれません。

田中淳司 調教師は、アデレードヒルの20の適性について

「1200m~1400mあたりが主戦場になるのでは」

とコメントしています。

もう今の時点でかなり目標が定まっているわけで、こういう馬は牧場も厩舎も仕上げやすいのでは?

やや垂れた背に、やや冬毛の伸びた馬体。

でも!

確固たる目標に向かって走る、アデレードヒルの20。

大人気で、たとえ出資できなかったとしても。

応援したい一頭です(^O^)/

活躍馬多数!キャロットの地方所属馬

キャロットの地方所属馬は、トロヴァオブロンディーヴァダルヴァザなど、活躍馬が多数。

2歳時から勝利し、古馬になって更に勝ち星を積み上げている馬も多数おります。

アデレードヒルの20も、きっと2歳の早い時期にスタートダッシュを決めることでしょう。

その後は南関東へ移籍して、短距離戦線での活躍が期待されます。

…本馬が南関東で走る頃には、コロナも終息しているとよいのですが_(._.)_

コメント