ソダシだけじゃない! オークスの見どころを ご紹介

エアカールレースのこと

今年のオークス、最大の注目ポイント。

それは…。

ソダシ、無敗で二冠制覇なるか?

これに尽きる。

でも。

フルゲート18頭で争われるわけで、ソダシ以外の陣営も黙っちゃいない。

というわけで。

“ソダシ以外の観点“ から、オークスを見てみたいと思います(^O^)/

キャロット娘たち

キャロットからは、2頭がエントリー。

仲良く(?)1枠に同居です。

  ・1枠1番 ククナ

  ・1枠2番 スルーセブンシーズ

ククナの母クルミナルは、2015年のオークスで3着

スルーセブンシーズの母マイティースルーは、2009年のオークスで14着

母の勝てなかった大舞台…娘たちはどんな走りをするのでしょう(^-^)

シルクの馬は

シルクからは、この馬が出走。

  ・3枠5番 クールキャット

ジョッキーは武さん。調教師も武さん

フローラS優勝の実績をひっさげて、上位を狙います。

ウインの馬は

クールキャットの隣には、この馬。

  ・3枠6番 ウインアグライア

ジョッキーは和田さん。調教師も和田さん

若駒S優勝の実績をひっさげて、上位を狙います。

6枠には

6枠に入ったのは…。

  ・6枠11番 ソダシ

  ・6枠12番 ミヤビハイディ

当然、注目は ソダシ & 吉田隼人騎手 に集まるでしょう。

けど。

ミヤビハイディの鞍上には、吉田豊騎手

豊騎手といえば、メジロドーベル & スマイルトゥモローのオークス勝ちが光る。

ソダシを不安視するわけじゃないけど、“枠連“ で買っておくのもアリかと(‘◇’)ゞ

親子の、絆

今年のオークス。

ディープインパクト産駒は3頭。

  ・パープルレディー

  ・アカイトリノムスメ

  ・エンスージアズム

キズナ産駒も3頭。

  ・ハギノピリナ

  ・ファインルージュ

  ・ステラリア

ディープキズナの親子。その娘たち。

良馬場でのキレ味勝負になったら、いずれも一発ありそう。

――さて。

「親子」といえば。

岩田親子について触れないわけにはいきません。

父・岩田康誠騎手は、タガノパッションに騎乗。

息子・岩田望来騎手は、エンスージアズムに騎乗。

いずれも、末脚を身上とする馬です。

なので追い込み競馬になったら、父子のガチバトルが見られるかもしれません。

…追い込みガチバトルといえば。

藤懸騎手ハギノピリナも、息の長い末脚が武器。

「岩田父子 VS 藤懸騎手」みたいな叩き合いになったら。

いやー、声が出ちゃうだろうナー(*’▽’)

――というわけで。

みどころたくさんのオークス。

一生に一度の舞台、お天気で競馬ができそうで嬉しい(^O^)/

コメント