新種牡馬リーディング1位はモーリス!と断言したい。けど。

モーリス2レースのこと

先日の朝日杯フューチュリティSは、グレナディアガーズが優勝。

最優秀2歳牡馬の座に輝くか…というと、それはまだわかりません。

今週のホープフルSの結果次第です(‘;’)

「最優秀2歳牡馬」タイトルの行方ゆくえ

昨年はどうだったかというと…

最優秀2歳牡馬に選ばれたのは、ホープフルSの勝ち馬コントレイル

「新馬→東スポ杯2歳S→ホープフルS」の無敗3連勝が評価されたわけです。

「新馬→サウジアラビアRC→朝日杯FS」の無敗3連勝を決めたサリオスよりも、コントレイルのレース内容が評価されたわけですね。

今年のホープフルSには、無敗馬が6頭も登録しています。

  ・アオイショー(1戦1勝)

  ・アドマイヤザーゲ(2戦2勝)

  ・オーソクレース(2戦2勝)

  ・ダノンザキッド(2戦2勝)

  ・ヨーホーレイク(2戦2勝)

  ・ランドオブリバティ(2戦2勝)

無敗でホープフルSを勝てば、朝日杯の覇者グレナディアガーズ(4戦2勝)を抑えて最優秀2歳牡馬に選ばれることになりそう。

2歳リーディングサイヤーの行方

最優秀2歳馬が決まると同時に、2歳のリーディングサイヤーも決まります。

2020年12月21日時点での順位は、以下のとおり。

今度の土日で、どのくらい変動があるやら…

【リーディングサイヤー(2歳)】  

順位   馬名  賞金
1位ディープインパクト 約 4億3000万
2位モーリス約 3億8000万
3位ドゥラメンテ約 3億5000万
4位キズナ約 3億4000万
5位エピファネイア約 2億9000万

1位はやっぱりディープインパクト

これを見る限り、モーリスが1位になるのは難しそう。。。

「いやいや。ホープフルSを勝てば、一気に7000万円を上乗せできて逆転ダ!」

という意見はごもっとも。

――ですが、登録していたカランドゥーラは放牧に出てしまった。

これでモーリス産駒のホープフルS出走はゼロに…寂しい。

「じゃぁ、2歳戦を全部勝てばいい!土日であと24レースもある!逆転ダ!」

うーん。モーリス産駒は土日で何個か勝つでしょうけど、きっとディープも同様に何個か勝つだろうから、逆転は難しいかな。。。

新種牡馬リーディングの行方

「モーリス、2歳リーディングが難しいなら、“新種牡馬リーディング“ を狙えばいい!」

そうです!実際、新種牡馬のトップは現在モーリス。

新種牡馬に限定すると、「モーリス VS ドゥラメンテ」という図式です。

約2800万円、モーリスがドゥラメンテにリード。

これはひっくり返りそうもない数字…というわけでもないナ。

油断はできません。

というのも、ドゥラメンテはホープフルSに2頭送り込んでいるので。

  ・アドマイヤザーゲ

  ・タイトルホルダー

もしドゥラメンテ産駒2頭がワンツーを決めたりしたら、一気に1億円プラス。

                 ※1着賞金7000万 + 2着賞金2800万

そしたらモーリス超えどころか、驚異のディープ超えも(◎_◎;)

つくづく、カランドゥーラの放牧が痛い。。。

やはり、2歳リーディングのカギをにぎるのはホープフルS。

この一戦で、すべて決まるといっても過言ではない。

ディープ産駒が勝って、他を圧倒するか。

ドゥラメンテ産駒が勝って、モーリスを逆転するか。

――ペルーサのこども(ラペルーズ)が勝ったら、藤沢師は泣いたりするのかな(´ー`)

コメント