【皐月賞】エフフォーリア優勝! 武史騎手の活躍に、兄・和生騎手は…

キャロットクラブキャロットの馬のこと

エフフォーリアが皐月賞を勝ちました!

鞍上は横山武史騎手

デビュー前からエフフォーリアの素質に惚れこんでいただけに、勝利ジョッキーインタビューでの弾ける笑顔も納得です。

デビュー4年目でクラシック制覇。

関東の若手で、こんな有望な人が出てきてくれて嬉しい限りです(^O^)/

百日草特別のエフフォーリア

ここで、エフフォーリアについての話を…。

私は百日草特別の日(11月8日)、指定席予約が当たったので東京競馬場にいました。

前を行くエフフォーリア。後ろはヴィルヘルム

“キャロット祭り“ を期待して、「エフフォーリア → ヴィルヘルム」という馬単を買ったところ。

エフフォーリア圧勝!

(ヴィルヘルムは置き去りにされて4着…)

「単勝にしとけばよかった…」と思ったのでした( ゚Д゚)

そして、今日の皐月賞。

オーソクレース不在の為、なかばヤケクソ気味に “キャロット祭り”「エフフォーリア×シュヴァリエローズ」というワイドを買ったところ。

エフフォーリア圧勝!

(シュヴァリエローズは追い込むも11着…)

「単勝にしとけばよかった…」と又も思ったのでした( ゚Д゚)

…振り返ってみると、いかに学習能力がないか、呆然としてしまう。

なので。

「百日草特別を勝ったキャロットの馬は出世する!」

これを鉄則として、今後は生きていこうと思います(^-^)

百日草特別のルージュバック。

兄・横山和生騎手は、その頃

さて。

中山で果たされた、横山武史騎手のG1制覇。

父・横山典弘騎手は、阪神競馬場から祝福したとのことです。

兄・横山和生騎手はどこにいたかというと…

新潟競馬場にいました。

新潟は雨。

芝コースはたっぷりと水分を含み、不良というコンディションでした。

そこへ、愛馬バルバレスコが10レース【奥の細道特別】に出走。

鞍上は横山和生騎手。

結果から言うと、びりでした(;_:)

それも、タイムオーバーのおまけつき。

まぁ、終わってみれば、負けるべくして負けた感はあります。

敗因は…昇級初戦、距離延長、先行馬多数、とどめにドボドボの不良馬場。

正直、かわいそうなレースでした。

横山和生騎手も、(出資者ほどではないにせよ)残念な思いだったに違いありません。

そんな中!

奥の細道の1時間後に、弟 武史がクラシック制覇!!

和生騎手も、手放しで喜んだことでしょう。

…いや、 “手放し“ は言い過ぎかな。

「俺も負けずにG1を…!」と闘志を燃やしたかもしれない。

バルバレスコも、 “昇級2戦目・距離短縮・同型不在・良馬場“ みたいな条件がそろえば、巻き返してくれるはずです。

鞍上には、闘志を燃やす お兄さん(和生騎手)の姿が…。

…。

熟練の手綱が魅力の お父さん(典弘騎手)の姿も、いいナ(*´з`)

※関連記事:バルバレスコ2勝目!横山和生騎手による、見事な逃げ切り

コメント