【アネモネステークス】 ベッラノーヴァ×トゥルーアート、夢の対決!

シルク・キャロットレースのこと

あぁ、ベッラノーヴァ

フィリーズレビュー除外…(;_;)

ベッラノーヴァ、アネモネステークス出走へ

ベッラノーヴァが阪神1400mでどんなレースをするか見たかったけれど、除外じゃ仕方ない。

同日の中山1600mアネモネステークスにまわることになりました。

ここは前向きに、「関西への輸送をしなくてすんだ」と考えます!

フィリーズRだろうがアネモネSだろうが、桜花賞への権利はゲットするはず…だから。

それなら、関西への輸送が連チャンになるフィリーズRよりも、関東のアネモネSで良かったとも言える。

ただ。

ちょっと悩ましい点もあります。

「アネモネSに、ベッラノーヴァ “も” 出ることになるとは…」

ベッラノーヴァ “も” 、とはどういうことか。

――アネモネSには、もう1頭の注目馬がいるのです…(;’∀’)

アネモネステークス、夢の対決

もう1頭の注目馬、それは…

トゥルーアート!

新馬戦は、幸運にも東京競馬場で見ることができたのでした。

トゥルーアート2
本馬馬へ向かうトゥルーアート

↑この時は2着だった。

でも、2戦目でキッチリ勝ち上がりました。

未勝利勝ちは、アネモネSと同じ舞台。中山芝1600m。

不利とされる大外16番からのスタートながら、結構強い勝ち方を披露。

     ※↑関連記事:トゥルーアート初勝利!

調教でも好調をアピールしているので、期待はイヤでも高まります!

アネモネの花言葉にはー♪

「真実」という意味もあるのー♪

トゥルルルー♪

などと変なテンションで歌っちゃうくらい、期待してしまう(^^)

アネモネステークス、理想の結末は

いやー、しかし。

まさかベッラノーヴァトゥルーアートが対決することになるとは…。

嬉しいような、もったいないような(*´з`)

アネモネSから桜花賞への切符は、たったの2枚。

2着までに入らないといけません。

勝つのが一番だけど、ベッラノーヴァ・トゥルーアート、どっちかが勝てばどっちかが負ける。

てことは!

先週のチューリップ賞みたいな結末が理想!

1着同着(^O^)/

…などと書いたら、アネモネSじゃなくてフィリーズRが1着同着だったりして(‘Д’)

コメント