新種牡馬が桜花賞トライアル制覇!ミッキーアイル&モーリス&リオンディーズ

チューリップレースのこと

本日をもって、桜花賞トライアルはすべて終了。

全体に、新種牡馬の活躍が目立つ結果となりました。

桜花賞トライアル、好調!新種牡馬

桜花賞トライアルの勝ち馬をふりかえってみると…

◆チューリップ賞 1着 … メイケイエール(父:新種牡馬 ミッキーアイル

◆チューリップ賞 1着 … エリザベスタワー(父:Kingman)

◆フィリーズレビュー 1着 … シゲルピンクルビー父:新種牡馬 モーリス

◆アネモネステークス 1着 … アナザーリリック父:新種牡馬 リオンディーズ

       ※2021年チューリップ賞は、1着同着。

桜花賞トライアルで、こんなにも新種牡馬の産駒が勝った年はあったかな?

いずれも魅力的な勝ち方を披露しており、本番の桜花賞でも人気を集めそう(^-^)

社台スタリオン繋養のミッキーアイル&モーリスは、さすがの活躍。

社台ではなくブリーダーズスタリオンステーション繋養のリオンディーズは、血統の良さを遺憾なく発揮している印象です。

フィリーズR勝ち馬 シゲルピンクルビー

フィリーズRを勝った、シゲルピンクルビー

モーリス産駒らしからぬ?切れ味を発揮しました。

シンザン記念のピクシーナイトや、葉牡丹賞のノースブリッジなど、モーリス産駒の勝ちパターンは「逃げ / 先行」が多い印象でした。

そんなイメージを覆すような、シゲルピンクルビーの瞬発力。

お姉さんのシゲルピンクダイヤ同様、良い脚をつかいます。

そのピンクダイヤ姉さんは、桜花賞2着でした。

このとき勝ったのがグランアレグリアで、3着がクロノジェネシス

最強の女傑たちの間に割って入ったピンクダイヤ姉さんは、すごい(‘Д’)

妹シゲルピンクルビー、「桜花賞での姉超え」&「父にG1勝利を届けられるか」…注目です。

アネモネS勝ち馬 アナザーリリック

モーリス産駒のシゲルピンクルビーが勝った10分後。

中山では、リオンディーズ産駒がアネモネSを制しました。

シルクアナザーリリックです!

個人的なことを言うと、シルクベッラノーヴァ(出資馬)が人気になって沈没した為、ゴール後は正直ビミョーな気分でした。

(アナザーリリックには出資していない為)

でも!

大好きなリオンディーズの子供が勝ったのでヨカッタ。

社台スタリオン繋養のミッキーアイルやモーリスに負けじと、リオンディーズもG1に産駒を送り込んでくれてヨカッタ。

アナザーリリックの半姉は、キャロットの地方所属馬ブロンディーヴァ(父スマートファルコン)。

ブロンディーヴァは2歳時にローレル賞(川崎)を制し、桜花賞(浦和)にも駒を進めました(7着)。

半妹アナザーリリック、「桜花賞での姉超え」&「父にG1勝利を届けられるか」…大注目(^^)

コメント